西式健康法

西会本部公式ホームページ | 株式会社 西式サービス

月刊「西医学」に掲載された英文とその和訳とを再掲載

約112分
月刊「西医学」に掲載された英文とその和訳とを再掲載

◆月刊「西医学」誌昭和29年(1954年)
9月号~12月号に「皮膚」について掲載された記事から再録(和訳版)

【月刊『西医学』昭和29年9月号より再掲載】

                                   西医学約説(英文の和訳)  (第1回)                                                                                                                                                                                                西 勝造

皮 膚
究極に於いて、人間を一者として造りあげているものは、四つの根本的要素である。それは、皮膚・栄養・四肢(身体)及び精神である。われわれは、これ等を四つの根本原則と称する。これが西医学の根柢をなす原理である。
まづ第一に、皮膚に就いて少しばかり述べてみたい。その前に、西医学で使っている皮膚という用語を定義しておく必要があろう。これは新しい意味を含蓄しているからである。
皮膚とは身体表面を意味するばかりでなく、身体内にある諸器官の壁内面(へきないめん)をも意味する。従って、皮膚とは、身体と、外部環境若しくは内部環境のとの界面である。
皮膚は、われわれの健康と福祉にとって、極めて重要である。しかし、このことを明瞭(はっきり)と知っている人々が至って少いのは、遺憾ながら事実だ。彼等は、皮膚の真相をまだ嘗て(かつて)聞かされたことがないのである。
殆ど、凡ての疾病は皮膚と係りを持っている。皮下出血を例にとってみるのが、啓蒙的であろう。
どうして皮下出血は起るのだろうか。これを起させる初原的因子(しょげんてきいんし)は、グローミュー(動静脈吻合管)(どうじょうみゃくふんごうかん)の機能不全である。
皮膚には、グローミューが豊富に分布している。グローミューは、小動脈と小静脈とを直結する往来路(おうらいろ)である。グローミューは、正常の場合、毛細管と共に働いて、血流を正しく保つ。グローミューが変質的変化に因って働かなくなれば、毛細管が余分の仕事を過重されてくるのは明かである。それが原因となって遂には皮下出血を生ずるのである。
皮下出血は、確かに無防禦(むぼうぎょ)の戦線であって、感染に甚しく攻略され易い。二、三の実例を挙げれば、この事実は充分に立証されるであろう。インフルエンザの場合では、歯齦(はぐき)の縁の近くに赤条がみられる。(フランケ氏症状)これはインフルエンザ菌感染の具証である。これ等の赤線が皮下出血であることはいうまでもあるまい。屡々これに続いて間もなく歯槽膿漏が起る。後には、更に悪化して遂には肺結核となる。これに関聯(かんれん)して銘記して置くべきことは、歯齦上の赤線が肺結核の徴候の一つとみなされていることである(フレデリック氏徴候)。
更に又、“大転子骨端(だいてんしこつたん)の外傷離脱の場合に於いては、スカルパ氏三角の底辺に於ける腫脹(しゅちょう)及び皮下出血”(ルトロッフ氏徴候)が見出される筈である。
上に述べたところから明かとなるように皮下出血は、現実の危険が差し迫っている赤信号と解すべきである。
われわれは全力をあげて、これを治し現実の危険を避けねばならない。しかし乍ら、われわれが皮下出血そのものを、予防でき、又予防するとしたら、遙(はる)かに勝るであろう。その方策の鍵は皮膚の健康だけにみいだされる。
皮膚の健康を計るもっと効果的な方途としては、われわれは、西医学の四原則に準縄(じゅんじょう)した六大法則を実行されることを示唆したい。酒を飲み、或は菓子を喰べたときには忘れずに、その後で生水とアスコル茶を飲み、毛細管運動を実行されるべきである。温冷浴や裸療法も亦皮膚の健康に効果がある。
〔註〕⑴肺結核に関しては、ロムバルヂ氏徴候“第七頚椎及び第一乃至第三胸椎の棘上突起(きょくじょうとっき)の部位における静脈怒脹の現出”をも述べておかねばならない。これも亦グローミューの機能不全に因るものだからである。〔註〕⑵スカルパ氏三角とは股の内側上半分上の表在三角の謂(いわれ)である。

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和29年10月号より再録】

                  西医学約説(英文の和訳)
西 勝造

皮 膚 (二)
皮膚に就いてもう少しく述べてみたい。皮膚は、心臓や肝臓や腎臓や肺臓と同じように一個の器官である。のみならず皮膚は、生産力と活動力との点で、他の凡ての器官を凌駕する。皮膚は多角的な機能を具えている。ここでは、その中、少しばかりの機能に就いて述べるに止(とど)める。
皮膚は肺臓と同じように所依(しょい)するのと同じ程度に皮膚に依存する。皮膚は、毛髪、爪、汗、脂肪を造る。皮膚は体内から不用物を排泄する。空気の中の有害な要素に対して、身体を保護しもする。皮膚は亦、体温の調節に就いても重要な役割をするのである。
健康又は、疾病のときに於いても、皮膚と身体の他の部分との間に、近密な関聯(かんれん)がある。皮膚は健康のバロメーターだと言うのは至言である。身体のある部分の疾病は殆ど、常に皮膚の障害を反映する。身体内の疾病で、皮膚に何等かの影響を与えないものは甚だ少い。
これに関して、筆者は、マルテンの言葉を引用したいと思う。彼は、皮膚の適切な処置こそ腎臓障害の奏効する第一歩であると言う意味のことを言うている。言うまでもなく、これは皮膚と腎臓とが関連をもっていることを示唆する。
皮膚の障害は、根本的に言うと大事にしすぎることから起る。とりわけ厚着の習慣が障害発生者とみるべきである。
従って皮膚を日常鍛錬するのが、極めて重要である。皮膚は新鮮な空気に曝せば曝すだけ、強健となってくる。
皮膚は所謂、皮膚食を必要とせず、又摂らないと言うことを銘記しておくべきである。皮膚は、その必要とする栄養物質を、他の器官と同じように血流から吸収する。
従って皮膚食として広く宣伝されている「トニック」や化粧剤を矢鱈に用いて皮膚を健康にしようとするのは、誠に愚かしいことである。これ等のものは皮膚には何等効果はない。それよりも、遥(はるか)に優(まさ)るのは、西医学の推奨する温冷浴又は裸療法を実行して皮膚を鍛錬することである。これこそ、皮膚の健康を達成する。真の確実な途(みち)である。
温冷浴に関し、筆者の息子は、その方式を、和歌(日本流の詩)に甚だ適切に要約しているので、附言して置きたい。その意訳は次の通りである。

水湯水
湯水湯水と交互浴
一分毎に健康になる

みず ゆみず
ゆみず ゆみずとこうごよく
いっぷんごとにけんこうになる

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

「西医学」誌昭和29年(1954年)9月~12月号に掲載された「皮膚」についての英文記事から再録(英語版)

 

                                                   The Resume of the
                                                   Nishi Medicine

                 The Skin
                                                                       Prof. Katsuzo Nishi

There are in the last analysis the four principal elements which go to integrate the human being as the ONE. They are the Skin, the Nutrition, the Limbs (the body) and the Mind. We call them the Four Basic Principles. This is the fundamental view which underlies the Nishi Medicine. To begin with, we would say a few words about the skin. Beforehand may it be necessary to define the word ‘ ‘the skin” as used in the Nishi Medicine, because it involves a rather new meaning. It does imply not only the body surface, but also the inner wall surface of the various organs in the body. Thus the skin is the interface that very few people are quite aware of it. They have never before been told of the true story of the skin.
Almost all diseases have something to do with the skin. An example of ecchymosis may be instructive. Why does ecchymosis occur ? A primary factor which is responsible for it is the failure of the glomus. As you may know, the skin has a rich. supply of the glomus, which is a direct thoroughfare between the arteriole and the venule. The glomus works normally with the capillaries to keep the blood flow in order. If the glomus fails to work because of the degenerative changes, it is obvious that the capillaries will be overloaded with extra work. This will eventually lead to ecchymosis.
Ecchymosis is in fact an undefended front, which is highly vulnerable to any infection. A few examples will suffice to prove it. In the case of between the body and either the outer or the inner environment. The skin is of paramount importance for our health and wellbeing. But it is but too true that very few people are quite aware of it. They have never before been told of the true story of the skin.
Almost all diseases have something to do with the skin. An example of ecchymosis may be instructive. Why does ecchymosis occur ? A primary factor which is responsible for it is the failure of the glomus. As you may know, the skin has a rich. supply of the glomus, which is a direct thoroughfare between the arteriole and the venule. The glomus works normally with the capillaries to keep the blood flow in order. If the glomus fails to work because of the degenerative changes, it is obvious that the capillaries will be overloaded with extra work. This will eventually lead to ecchymosis.
Ecchymosis is in fact an undefended front, which is highly vulnerable to any infection. A few examples will suffice to prove it. In the case of influenza, red streaks are visible near the border of the gums. (Franck’s symptom) This is a manifestation by infection by influenza. Needless to say these red streaks denote ecchymosis  influenza, red streaks are visible near the border of the gums. (Franck’s symptom) This is a manifestation by infection by influenza. Needless to say these red streaks denote ecchymosis.
Often this may before long be followed by pyorrhea. Later it may turn for the worse and end in pulmonary tuberculosis. (1) In this connection we have to note that a red line on the gums is regarded as one of the signs of pulmonary tuberculosis. (Frédéricq’s sign).
Furthermore in the case of “traumatic separation of the epiphysis of the great trochanter, swelling and ecchymosis at the base of Scarpa’s (2) triangle” are to be found. (Ludloff’s sign).
It is therefore evident that ecchymosis should be taken as a red signal that real danger is full in sight. If ecchymosis occur, we have immediately to exert our utmost to cure it so as to avert real danger. However it is by far the better if we can and do prevent ecchymosis  itself. The key to this approach can be found in nothing but health of the skin.
As a most effective way to health of the skin, we would suggest to you the following : practise the Six Rules in accordance with Four Basic Principles of the Nishi Medicine. Whenever you may drink alcohol or eat sweet cake, don’t  forget to drink fresh water and a cup of ascor tea afterward. And then perform the capillary exercise. The succession bath and the nude therapy are also helpful for health of the skin.
Note (1). Concerning pulmonary tuberculosis, Lombardi’s sign “the appearance of varicosities in the region of the spinous processes of the seventh cervical and first three thoracic verterbrae” should also be mentioned, as these varicosities are due e to the failure of the glom us.
(2) Scarpa’s triangle is a superficial triangle on the upper inner part of the thigh.

 

                                      The Resume of the
                                      Nishi Medicine (Ⅱ)

               The Skin (2)
                                                                       Prof. Katsuzo Nishi

A few more words about the skin. The skin is an organ in the same sense as the heart, the liver, the kidneys, and the lungs are. Moreover, the skin surpasses all the other organs in productivity and activity. It has the multiphased functions. Here suffice to mention only a few of them.
The skin respires as the lungs do. The breath of life depends on the skin as much as it does on the lungs. The skin produces the hair, the nail, the sweat and the grease. It eliminates from the body the waste matter. It protects the body against the noxious elements in the air. The skin also plays an important role in regulating the body heat.
There is a close relationship between the skin and the rest of the body either in health or in disease. A wisecrack is that the skin is the barometer of health. The disease in some part of the body almost always reflects the disorder in the skin. Very few diseases in the body fail to affect the skin in one way or other.
In this connection, the writer would refer to Malten’s remark to the effect that taking the good care of the skin is the first step toward the successful treatment of renal disorder. Needless to say, this implies the existence of the relation between the skin and the kidneys.
Basically the disorder of the skin is initiated by overcoddling ; particularly the habit of being warmly clad is to be accuse as the offender.
Therefore it is highly important to drill the skin daily. The oftener the skin is exposed to the fresh air, the stronger becomes the skin.
It should be stressed that the skin does not demand or take the “skin food”. The skin absorbs the nutrious matter from the blood flow just in the same way as the other organs do. Therefore it is indeed a foolish thing to try to make the skin healthy by the profuse application of tonics or cosmetics which are widely publicized as skin food ; they are of no use for the skin. Far better is it to cultivate the skin by taking the succession bath or practising the nude therapy as recommended by the Nishi Medicine. This is the true and sure way to health of the skin.
As to the succession bath, it may be of interest to add that the writer’s son has aptly abridged  the formula of this bath in “Waka” (the Japanese styled poem), of which the free translation will be as follows;

Cold,hot,and cold
hot and cold
hot and cold

Take a bath in succession,
And forward a step by a step
On to the health’s path in succession.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和29年11月号より再録】

                  西医学約説(英文の和訳) (第2回)
西 勝造

皮 膚 (三)
これまで述べたところで、皮膚の話は、尽きたわけでなく、尚、多くの事柄について述べねばならぬのは確かである。しかし乍ら、皮膚が、われわれの福祉にどれだけ重要であるかは、既に述べたところで十分明かにされていると思う。   さて終りにあたって、裸療法と温冷浴とに就いて少しばかり述べてみたいと思う。
まづ裸療法であるが、この療法は裸体主義とは根本的に違ったものであることを知っておくのが重要である。裸体主義が強制するような原始生活への復帰を要求するものではない。裸で日常生活をするには及ばないのである。次に示す規定表によって部屋の中で、僅かな時間、裸体で居るだけでたるのである。
*この値は、裸療法中循環時間が正常な平均よりも、かなり短くなってくるという所見を考慮して算定したものであ  る。
*初めてこの療法に着手する人は、次に示す補正課程を暫く裸療法に十分に慣れるまで実行するほうがよろしい。

第一日 次の規定表の⑴から⑹
第二日       ⑴から⑺
第三日       ⑴から⑻
第四日       ⑴から⑼
第五日       ⑴から⑽
第六日         ⑴から⑾

規定した時間
窓を開放した部屋で        窓を閉鎖した部屋内で
回数    裸体でいる時間      着衣している時間

  •  1.    20秒           1分時間
  •  2.    30秒            〃
  •  3.    40秒            〃
  •  4.    50秒            〃
  •  5.    60秒           1分30秒
  •  6.  70秒            〃
  •  7.  80秒            〃
  •  8.  90秒           2分時間
  •  9.  100秒            〃
  •  10.  110秒            〃
  •  11.  120秒           終わり
    暫らく休息

(一)裸療法の一般法則を次に要約しておく。
毎日二回、望むらくは、日の出前と日没後とに行うこと。病弱者は、毎日三回、朝、昼、夕方実行するのがきわめて 望ましい。
(二)毎日実行し、中断せずに三十日間続けること。二日乃至三日の休息期間をおいてから、全過程を反復すること。 三回又は四回の全過程の実行は、慢性疾病をも治すにたりる。

裸療法が甚だ効験があるのは、体内の代謝平衡を促進し、とりわけ組織内の酸化作用を助け、一酸化炭素の炭酸瓦斯への転換を容易にし、延(ひ)いては血液や他の体液の浄化に寄与するからである。
(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和29年12月号より再録】

                    西医学約説(英文の和訳)
西 勝造

皮 膚 (四)
次に温冷浴であるが、これには厳格に守るべき若干の法則のあることを知っておかねばならない。一分間の冷浴と(一)一分間の温浴とを交互に5回或(あるい)は7回、或(あるい)は31回或(あるい)は61回、続けて行うこと。(二)冷浴をもって始め、冷浴をもって終ること。初めて行う人の場合に、よく見受けられることだが、最初の冷浴は 耐えられぬかも知れない。そういう場合には、温冷浴に慣れるまで暫く、温浴で始めてもよろしい。然し乍ら、どんな場合でも、温冷浴は必ず冷浴をもって終るように心がけねばならない。
(三)温浴の温度は華氏107~109度(摂氏41度6分~42度7分)とし、冷浴の温度を華氏57~59度(摂氏13・8~15度)とし、両者の温度差の限界を凡そ華氏50度(摂氏27度7分)とすること。
(四)動脈硬化症に罹り易い人は、次の特殊過程に従うことを勧めたい。

温度(華氏)
温 浴          冷 浴           期間(日)
104度(摂氏40度)     86度(摂氏30度)        3~5
105度(同40度5分)     77度( 同25度)        2~3
106度(同41度1分)       68度( 同20度)        2~3
109度(同42度7分)       57~59度(同13度8分~15度)

温冷浴は、確かに皮膚の健康を増進する上に於いて重要な役割を演ずる。これは、皮膚のグローミュー(動静脈吻合管)及び毛細血管を刺戟して、全面的に働かせるので、その結果、血流は活潑となり、改善させられてくる。他面これが有機組織体の一般健康を増進するのに寄与することは、明かである。この理由により温冷浴は、幾多の疾病たとえば風邪、神経痛、喘息、偏頭痛、リウマチ、マラリヤ、梅毒に甚だ効験がある。
最後に、特殊な器械“ASB”(自動温冷浴器)に就いて少しばかり附言したい。
これは、筆者が発明した器械であって、今や貴君方(あなたがた)は、これを手に入れることが出来る。この“エー・エス・ビーは、普通課程の温冷浴を完了するのに要すべき時間と手間とを節約するので、甚だ役立つ。たとえば、“エー・エス・ビー”の助けを借りるならば、16回冷浴、15回温浴という高等課程を31分以内で済ますのも容易である。この過程に練達するならば、31回冷浴、30回温浴の特別課程をも、なんら支障なく完了するのも容易である。このことは、銘記しておくに値する重要な点である。既得の所見によれば、この特殊過程は、年長者に於いてさえも、若々しい活力を復活させる確実な方法であることが示されている。

(了)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                                      The Resume of the
                                      Nishi Medicine (Ⅲ)

                           The Skin (3)
                                                              Prof. Katsuzo Nishi

It is certain that what has been said so far does not cover the whole story of the skin and that much of it remain to be told. Neverthless enough has, it seems, been depicted to prove how important is the skin to our wellbeing.
Now to conclude, I want to say in some details about the nude therapy and the succession bath.
First as to the former, it is important to note that this therapy is something different basically from “nuddism”. It does not call for return to primitive life as the latter system forcibly demands. There is no need for you to keep nude in every day life. Enough is to remain 11t1de in a room only for a little while according to the Standard schedule as given below. (1)

 

Time prescribed for

Order  Remaing nude       Being clothed in a
in a room with                room with windows
windouws open                shut

(1)  20seconds              1minute
(2)  30   〃                    1 〃
(3)  40  〃                   1 〃
(4)  50  〃                   1 〃
(5)  60  〃                   1 〃
(6)   70  〃                  1 〃
(7)   80  〃                  1 〃
(8)   90  〃                  2 〃
(9)  100   〃                  2 〃
(10) 110   〃                 2 〃
(11)  120   〃               finish
Rest for a while

This figure has been determined, by taking into consideration the findings that the circulation time would become significantly shorter than the average normal during the practice of this therapy.

The general rules of the nude therapy may be summarized as follows.
( 1 ) Practise it twice a day, preferably before sunrise and after sunset. For the weak or the sick it is most  advisable to do it thrice a day-in the morning, at noon, and in the evening.
( 2 ) Keep every day practice for thirty days without interruption. And then after the interval of two-three day rest, resume the full course of the process. Three or four full courses are sufficent to cure even chronic diseases.

The nude therapy is highly effective in that it does promote metabolic equilibrium in the body, and that more particularly it helps oxidation in the tissue and facilitates the transformation of carbon monoxide into carbon dioxide, thus contributing to purification of the blood and other body fluids.

( 1 ) For the beginner, who is going to start this therapy, it is better to follow the properly adjusted course as given below until he has become fully accustomed to the nude therapy.
The first day                 From (1) to C(6) of the stand-
The second day                     (1) to C (7) ard schedule
The third day                        (1) to (8) above men-
The fourth day                      (1) to (9) tioned
The fifth day                        (1) to (10)
The sixth day and thereafter  (1) to (11)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

             The Resume of the
             Nishi Medicine(Ⅳ)

                        The Skin (4 )
                                                    Prof. Katsuzo Nishi

Next turning to the succession bath, it is of importance to note that there are several rules of the practice which should be followed.
( 1 ) Take one minute cold bath and one minute hot one alternatively five, seven, Thirty-one or sixty-one  times in succession.
( 2 ) Begin with cold bath and finish with the same. As often is the case with the beginner, the first cold bath  may be intolerable. If so, you may begin with a hot bath for a while until you have become accustomed to the succession bath. However, in any case you have to see to it that the succession bath should be always finished with a cold bath.
(3) Set the temperature of a hot bath at 107 —109 F. (41.6—42. 7C), and that of a cold bath at 57—59 F. (13.8—15C) so as to allow the margin of about 50 F. (27.7 C ) difference between them.
( 4) For a person who is liable to arteriosclerosis the special formula as indicated below is recommendable.

Temperature (F)
Period (days)
Hot bath          Cold bath           3―5
104(40  C)       86(30C)           2―3
105(40.5 C)   77(25C)           2―3
106(41.1 C)     68(20C)
109(42.7 C)   57-59(13.8-15C)

It is of course certain that the succession bath does play an important role in promoting health of the skin ; it stimulates the glomus (arteriovenous anastomoses) and the capillaries in the skin so as to make  them work to the full  extent. The result is that the blood flow will be quickened and improved. Obvious1y this in turn contributes to promote the general health of the living organism. Because of this fact, the succession bath is of high effect for various diseases such as common cold, neuralgia, asthma, migraine, rheumatism, malaria, and venereal infection.
Finally a few word may be added about a special gadget, called “ASB” (automatic succession bath-helper). This is a mechanical device invented by the writer, which is now available to you. This “ASB” is very helpful in that it does considerably save you much time and labor otherwise required for finishing one ordinary course of the succession bath. For example, through the help of ”ASB” it is an easy matter for you to finish within thirty-one minutes a higher course of 16-cold, and 15-hot bathes. If accustomed to the process, you may finish without trouble even a special course of 31-cold -and 30-hot bathes. This last point is a very important thing which deserves to be stressed in mind. Evidence available indicates that this special course is the sure and certain way to rivival of youthful vigor even in the aged.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

◆月刊「西医学」誌昭和三十年(1955年)
1月号~5月号に「栄養」について掲載された記事から再録(和訳版)

【月刊『西医学』昭和30年1月号より再録】

                  西医学約説(英文の和訳)(第3回)
西 勝造
栄 養 (一)
古諺(こげん)に“食は命なり”(しょくはめいなり)といわれている。確かにその通りであって、食(しょく)のないところには生命はない。然し乍ら、この食という語は広い意味を有(も)っている。これは、単に食品ばかりでなく、水や空気や日光をも意味する。斯様(かよう)な広い意義を言い現(あら)わすには、食という語よりも栄養という語の方が寧ろ適当している。
栄養が健康を支配することは明かである。過多の栄養は、欠乏と同じく健康を害する。良き健康にとって必須なのは、節度ある摂食である。ユダヤ教の法典に“胃の容積の三分の一喰べ、三分の一飲み、残りの三分の一は空にして置け”と言う訓(おしえ)のあることを想起して置きたい。
栄養の問題に於いて、質は量よりも、遙かに重要である。それならば、どんな栄養を摂ったならよいのだろうか、原理は極めて簡単である。栄養は自然で且つ新鮮なものであるように心掛けることである。それと言うのは斯様な栄養だけが、必須沃素の本源だからである。必須栄養を欠く食は、どんなに美味でも、全く問題にならない。
筆者は栄養のもっと具体的な話を食品から始めたい。
(A)食 品
何よりも先きに、筆者は「カロリー」に関し、根深い謬見(びゅうけん)が一般に流布していることが指摘する必要があると思う。専門家は、これこれの「カロリー」は生命を維持するには絶対的に必要であると力説している。
彼等の主張に反し、生命は所謂(いわゆる)「カロリー」だけに依存するものではない。純生野菜食をおこなうかぎり一日一千「カロリー」でも十分に健康を増進するに足るという証拠である。如何にして、そう云うことが可能なのだろうか。これは生野菜は、豊富な生きた「エネルギー」の給源だからである。然し乍ら、この「エネルギー」の大部分は、念入りの料理をすると失われてしもうであろう。
生きている「エネルギー」と所謂「カロリー」とは、似ても似つかぬ別物である。生命は、生きた「エネルギー」にのみ依存することを力説して置かねばならない。栄養学者が「カロリー」を生きた「エネルギー」と混同しているところに誤謬が存する。両者の間には、広い境界線がある。
(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

月刊『西医学』昭和30年2月号より再録

                  西医学約説(英文の和訳)
西 勝造
栄 養 (二)
(A)食 品(2)
食物は、二つの分類即ち酸性とアルカリ性(塩基性)とに別(わか)つことができる。前者は、獣肉、魚類、穀物を含み、後者は野菜果物を含む。この分類は甚だ重要である。何故かと云うと、健康は体液の微妙な、且つ、“動力学的”な酸塩基平衡に依存するからである。従って、われわれは適当な食物を選んで、その平衡を保持するだけの分別さがなくてはならぬのは明かである。
しかし、これはなかなか厄介な問題である。酸塩基平衡は、食物以外の幾多の因子の影響を受けて変動し、われわれが生きているかぎり、永久に固定するものではないからである。
この点を、もっと明確にするため、二、三の例をとってみよう。貴方が、何か仕事をしているときには、体内の酸化過程から生じてくるエネルギーを消費するであろう。これに伴って必然的に体液の酸性が増高(ぞうこう)してくるであろう。かような場合では、酸性を減じて酸塩基平衡を再び確立するためには、野菜食が必須であることは、明白である。
他方に於いて、貴方が静止状態にあるときには、エネルギーを全然消費しないと云うわけではないとしても、殆ど消費しないのである。これがため体液はアルカリ性を高めてくる傾向がある。従って、かような場合では、酸性食が甚しく奨励されるのである。
食養と沐浴との間にも、関係の存在することを述べておきたい。温浴と酸性食とは両立し、冷水浴はアルカリ性食と両立する。温冷浴は中性なので、生野菜食を要求する。
右に述べた通則に対し、顕著な例がある。一者(註①)を達成していて、完全に弛緩した無意識状態で四十分行(註②)を行える人は、通則を守る必要はない。活動している時でも野菜食は必要ではないのである。
※註①及び註②に就いては後に述べる。
(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

「西医学」誌昭和30年(1955年)1月~5月号に掲載された「栄養」についての英文記事から再録(英語版)

                The Resume of the
                Nishi Medicine (V)

                Nutrition (1)
                            Prof. Katsuzo Nishi

An adage says “Food is Life”. Certainly so it is, for there is no life where there is no food.
However, this word “Food” is comprehensive. This does imply not only edible food, but also water, air, and sunlight. To denote such a wider meaning the term “Nutrition” is appropriate rather than the word “Food”.
It is obvious that nutrition conditions health. Too much nutrition is no less detrimental to health than scarcity is. Essential to good health is “Feeding by measure”. Recall to mind the saying in Babylonian Talmud to the effect that “Eat a third, drink a third, leave a third empty”
So far as nutrition is concerned, the quality is by far the more important than the quantity.
And then, what kind of nutrition should we take ? The priciple involved is plain and simple. See to it that nutrition be natural and fresh, which alone has a primary source of essential elements. Any food devoid of essential elements does not count at all, however delicious it may taste.
The writer will begin the more concrete story of nutrition with edible food.
(A) Edible food
Before all other things, the writer find it important to point out that there is a deep-rooted misconcept about calorie which is prevalent widely .The experts lay stress on a claim that so much calories are absolutely requisite to sustain life.
Contrary to their claim, life does not depend on the so-called calorie alone. Evidence shows that so long as strictly raw vegetable diet is taken, even 1, 000 calories a day is enough to promote health. How is this possible? This is because raw vegetable is a source of abundant living-energy, of which the large portion, however, will be lost during the process of elaborate cooking.
Living-energy is one thing, and the so-called calorie is another. It should be stressed that life depends solely on living-energy. The fallacy lies in that the dietetic experts confuse calorie with living-energy. There is a broad border line between them.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                 The Resume of the
                 Nishi Medicine (Ⅵ)

                  Nutrition (2)

                           Prof. Katsuzo Nisili

(A) Edible Food (2)
Edible food may be classified in two categories, that is, acid and Alkaline (base), The former includes such food as meat, fish and grain, while the latter includes vegetable and fruit. This classification is very significant, for health depends upon the delicate and “dynamic” acid-base equilibrium of the body fluid. It is thus obvious that we should be sensible enough to select proper food so as to keep this balance.
But this is indeed a delicate affair, because acid-base equilibrium is liable to fluctuate widely under the influence of various factors other than food, and never comes to stay while we live,
To make this point clearer, let us take a few examples. When you are active about something, you  will spend some energy which comes from oxidation process in the body. This inevitably will enhance acidity of the body fluid, It is quite evident that a vegetable diet is indispensable in such a case to reduce acidity so as to re-establish acid-base balance.
On the other hand, when you are in resting condition, you will spend little, if not at all, energy ; this will tend to enhance alkalinity of the body fluid. In this case acid diet is highly recommendable.
It is to be noted that there is also certain relation between a diet and a bath. A hot bath is compatible with acid diet, while a cold bath is consistent with alkaline diet. And a succession bath demands a raw vegetable diet, as this bath is neutral.
There is a striking exception to the above stated general rule ; any person who has accomplished a state of being the ONE, * and is able to do the Forty-Minute Act ** in completely relaxed and unconscious condition, need not observe this rule. A vegetable diet is not necessary for him even if he may in activity.
* & ** Refer to the description given later on.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和30年3月号より再録】

             西医学約説(英文の和訳) (4回)

西 勝造
栄 養 (三)
(A)食 品(3)
この節を結ぶにあたって、筆者は、ビタミンの問題に就いて少しばかり附言しておくのが意義あることだと思う。
まず、第一に指摘しておくべきことは、ビタミンとは、天然の食品の中に、他の栄養素と共に含まれている有機物質であって、これ等の凡ては、生きている有機組織体にとって欠くことが出来ぬという点である。正しい混合色を摂っている普通の成人の場合では、ビタミン剤を余分に散る必要は、殆ど或は全然ない。従って、われわれが適正に天然の食品を摂取しているかぎり、われわれはビタミン剤の問題で空騒ぎをするには及ばないのである。
しかし乍ら、製薬会社の過大な、且つ根拠のない主張に惑わされて多数の人々は、ビタミンが“万能薬”のようなものだと言う性急な結論に飛躍する傾向があり、ビタミン剤を矢鱈に服用するのに熱中している。これほど不条理なことは、他にはない。
われわれは、ビタミンに就いて、もっと分別を働かさなければならない
 第一に、ビタミンは、健康にとっても、亦食物の正常な效用からみても、肝要なものではあるが、それ自身食品でもないし、又、薬剤でもなく、不正食を代償しもしないということを記憶に止めて置くべきである。
 第二に、われわれが、比類のない貴重な性質を具えた真正ビタミンを得るのは、自然の食品からだけであって、合成化合物からではないことを銘記しておくべきである。筆者が敢えて言いたいと思うのは、ビタミン剤は、自然が周到にも天然のビタミンの中へ合体した肝心なあるものを欠いているということである。
従って、われわれが主として天然の食品から成り、変化されてビタミンを滅失された食品に因らざる正しい混合と平衡のとれた食養を摂って生活してゆくように心懸(こころが)けるのが、重要である。
筆者の考えでは、アルファベット順に個々のビタミンに就いて詳述するのは、余計なことだと思われる。と言うのは、読者はそれに就いての知識を、医学教科書又は他の出典から容易く得られるだろうと思うからである。
しかし乍ら、ビタミンCに就いては、特に力説して置くべき必要があると思う。ビタミンCは、多数のビタミン群の中で、比類のない地位を占めるものだと筆者は考える。これは、オレンジ、レモン、他の果実、緑菜及び柿に含まれている特殊な化合物――アスコルビン酸である。ビタミンCは、体内に長く止まらないし、效用されぬかぎり、間も無く尿として排泄されることを指摘して置きたい。このことは、われわれが、緑菜、果実又はアスコル茶(柿の葉茶)を毎日十分な量を摂取して、われわれの身体にビタミンCを適当に供給するよう努めなくてはならぬことを示唆する。
アスコルビン酸の多角的機能に就いては、特に述べる必要は殆どあるまいと考える。何故かと言うと、今日では読者は現代の医学文献から知識を得ることが出来るからである。
(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和30年4月号より再録】

                 西医学約説(英文の和訳)

西 勝造
栄 養 (四)
現代の一日三食の習慣に就いて一言述べておかねばならない。
筆者は朝食を廃止すべきであると、強く示唆したい。それと云うのも、朝食は余計なものであるばかりでなく理屈は合わぬからである。朝は決して身体に食物を給与する時ではなく、体内に溜まった不用物を排泄する時である。
朝は、身体と精神とを爽快に浄化して、一日の活動に対して、万端に準備をととのえる時である。従って、朝食を摂って、身体に、余分な代謝の仕事を強いるのは、条理に合わない。この過程は、夜間に蓄積されたエネルギーの貯えを、余計に消費させることになるし、必然的に、さしせまっている排泄の仕事を長びかせることになる。
現代の一日三食性は、それを妥当化する科学的論拠をもっておらず、単に習慣の産物であると筆者は断言する。この食事の習慣を止めて“朝食無し”の食生活に即すべきである。斯くすれば、活力が更新せられ、エネルギーが再填充(さいてんじゅう)されて、健康が増進されてくるし、日中の生産的活動が保証されるであろう。
断食療法に就いては、一つの点を力説して置きたい。つまり身体の具合が悪いと感ずるや否や断食して疾病を治すことである。早ければ早いだけ結果も良い。断食を止める時が、分離的時期であることを心に留めて置くのが重要である。断食は軽い食物で終えることが重要であり、これをはっきり銘記して置くべきである。

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和30年5月号より再録】

                西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

栄 養 (五)
水、空気及び日光
栄養の話では、最後に廻ったが、これ等三つの自然元素は、それだからと云うて、重要性が毫(ごう)も劣るものではない。これ等のものがなければ、生物は、瞬間たりとも生存できないことは明確な事実である。
しかし乍ら、これ等のものが、栄養上で果たす特殊な役割の角度から、これ等に就いて、少しばかり言い添えるのは、余計なことではあるまい。
まづ、第一に水は真性の食物であって、生命に必須な諸種の物質を含んでいる。水は、体重の凡そ70%を占める。体水の大部分は、生きている細胞内に存在しているが、水は亦、細胞間液や血液に嵩を与える。従って、われわれは、水の内部環境内で生きていると云うても差支えあるまい。体水の五分の一以上が失われると通例致命的となる。
生命に必須な水は、生の浄(きよ)い水であって、湯又は他の形の水は、生命に何等の積極的効益を与えないと云う事実は力説して置かねばならない。
茲に飲水の実効的方式がある。初心者の場合では、30グラムの水を30分毎に啜(すす)り飲み、決して一時に飲み下さないこと。七週間ぐらい之を実行した後では、喉が乾いてくるときに、何時でも水を飲んで差支えない。
 第二には空気であるが、空気の重要性に就いては、特に取り立てて強調する必要はない。われわれが健康の維持に新鮮な空気を必要としていることは、誰もが体験しているところである。
これと関聯して、述べておくのが意義あることだと思うのだが、炭酸瓦斯のほかに有毒瓦斯、つまり一酸化炭素が代謝の副産物として体内に甚だ出現し易く、筆者の所見によると、これが癌の原因となるのである。この説はフランスのエストリポー博士やコロンビア大学のヘンダーソン博士も、亦、認めている。裸療法は、体内にたまたま現存する一酸化炭素の有害な作用を中和させるのに著しい効験がある。
 第三に、日光に就いては、別に言い添える必要もあるまい。日光が地上のあらゆる生物に欠くことのできないものであることは、常識だからである。
(了)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                                        The Resume of the
             Nishi Medicine (Ⅶ)

              Nutrition (3)

                         Prof. Katsuzo Nishi

(A) Edible Food (3)
In closing this section, the writer deems it significant to add a few words on the problem of the vitamins.
Before all other things, it is to be noted that the vitamins are organic substances contained in natural foods with other nutritive elements, which all are essential to the living organism. In the ordinary adult living on a good mixed diet there is little or no need for the addition of vitamin preparations. Therefore so long as we would take natural foods in a proper way, we need not make a great f11SS about vitamin preparations.
However, misled by the over-exaggerated and ill-founded claim of the drug producers, many peoples are prone to jump to hasty conclusions that the vitamins are something like a ”cure-all”, and they are full of enthusiam about the liberal intake of vitamin preparations. Nothing in more absurd than this.
We should be more sensible about the vitamins. First, commit it to memory that though the vitamins are essential to health and the normal utilization of food, they are not themselves foodstuffs nor drugs, and do not compensate for an inadequate diet.
Second, stress in mind that from natural foods alone, but not from the synthesized compounds we can get the genuine vitamins with an unique and precious quality. The writer would dare to say that the vitamin preparations are lacking something vital which Nature scrupulously has incorporated into the natural vitamins.
Therefore, it is very important that we should see to it that we live on a good mixed and well-balanced diet, chiefly composed of natural foods, but not of adulterated and vitamin-destroyed foods.
In the writer’s opinion, it may be superfluous to dwell on each vitamin alphabetically, for the reader may easily obtain information from any medical textbook or from other sources.
However a strong emphasis should be placed particularly on vitamin C. The writer holds that vitamin C occupies an unique position among a  large group of various vitamins. This is a specific compound—ascorbic acid—found in oranges, lemons, other fruits, green vegetables, and persimmon. It is noteworthy that vitamin C does not come to stay in the body, and that unless utilized, it will soon be eliminated in the urine. This suggests that we should take every care to assure a proper supply of vitamin C to our body through the daily intake in sufficient amount of green vegetables and fruits or ascor tea.
As to the multi-phased functions of ascorbic acid, the writer thinks that special mention is hardly necessary, because information is now available for the reader in the current medical literature.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                                    The Resume of the
            Nishi Medicine (Ⅷ)

                 Nutrition (4)

                          Prof. Katsuzo Nishi

A word must be said about the current eating habit of three meals a day.
The writer would strongly suggest that we should do away with breakfast. The reason is that breakfast is not only superfluous but also unsound ; the morning is not a time for feeding the body with extra food ; it is a time for excreation from the body of waste matter accumulated within.
The morning is a time for. putting everything ready for day-time activities with the mind and the body refreshingly purified. It is therefore absurd to impose by taking breakfast extra load of metabolism upon the organism which is toiling at a task for elimination ; this involves additional expenditure of energy from the reserve piled up during the night, and inevitably drags out pending business of excreation.
The writer asserts that the current system of three meals a day has not any scientific argument to justify itself, but it is merely a matter of habit.
Abandon this eating habit and live up to “No more breakfast” practice. This will promote health and moreover assure productive activities during the day-time with renewed vigor and recharged energy.
As to the fasting cure, there is a point to be emphasized that no sooner than you feel sicky you should start to fast disorder off ; the sooner the better. It is important to note that the critical moment comes when you will break a fast.
Stress strongly in mind the importance of breaking a fast with simple and light form of dietary.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                                     The Resume of the
            Nishi Medicine (Ⅸ)

                         Prof. Katsuzo Nishi    


                 Nutrition (5)

Water, air and Sunlight
Although coming last in the sotry of nutrition, these three natural elements are none the less important for it ; it is a clear-cut fact  that without  them there is no survival of any living organism, even for a moment,
However it may not be superfluous to add a few words on them from an angle of their particular role in nutrition.
First, water is a true food, which contains various substances essential to life, Water constitutes some 70% of the body weight ; most of it is within the living cells, but it also provides the bulk of the intercellular fluid and blood. Thus it may properly be said that we live in the inner environment of water ; the loss of more than a fifth of the body water is usually fatal
A stress should be laid on the fact that water essential to life is natural and pure, and that neither boiled water nor any water in other form is a positive good to life.
Here is a working formula of drinking water to follow ; in case of the beginner. To sip 30 grams of water every 30 minutes, never gulping down a drinking all at once After seven weeks or so of this practice, you may take water whenever you will feel thirsty.
Second, comes air ; there need no special emphasis on the importance of air. It is a common experience that we need fresh and pure air to sustain health.
In this connection, it is significant to note that in addition to carbon dioxide, noxious gas, namely carbon monoxide is very likely to appear in the body as one of the by—products of metabolism, which, in  the writer’s  opinion, responsible for cancer. This view is also shared by Estripeaut in France  and  Dr.Henderson of Columbia University.  The nude therapy is highly effective to neutralize the noxious effect of carbon  rnonoxide  which  happens to present in the body.
Third, as for sunlight, it is needless to add any more word, because it is a common sense that sunlight is essential to every living thing on the earth.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

◆月刊「西医学」誌昭和30年(1955年)6月号~8月号に「四肢」について掲載された記事から再録(和訳版)

【月刊『西医学』昭和30年6月号より再録】

                                         西医学約説(英文の和訳)  (第5回)

西 勝造
四 肢 ⑴
四肢は、普通よく使われる言葉たとえば“生命身体に別条なし”に示唆されているように屡々全身体を意味する場合があることを知って置くのは重要である。
筆者が人間の四つの根本的要素の一つとして、四肢を挙げているのも、この意味に於いてである。
しかし乍ら身体の健康に関するかぎり、下肢、とりわけ足は、身体の他の凡ての部分の中で、優越した高位を占めている。それにも拘らず、足に対し、妥当な敬意を払うだけの分別のある人が到って少ないのは、遺憾ながら事実である。
筆者が、四肢に就いて論述する際に、足を特に力説するのをきまりとしているのは、単にこの理由に基くのである。身体の他の部分は、茲で取り立てて言及していないが、その肝要であることには変りのないことは言を要しない。
適切にも、ある人が喝破した如く“われわれは、足と同じほどに健全である”なぜかと云うと“足は健康を支配するからである”(ギイヨオム)
 更に又、アール・アール・ヘーハウ博士の示すところによれば、足は若干の疾病の診断にとって確実な指針として屡々役立つことがあるが、これは足と健康との間に緊密な関聯性があるからであると云う。
従って、足が健康にとって、どれだけ重要であるかを、もっと詳しく査(しら)べてみるのが、要請されるわけである。
(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和30年7月号より再録】

                   西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

四 肢 ⑵
“足の不調は、足部及び脚部のみならず、
解剖学的に遠い身体の組織にも、重大な擾乱(じょうらん)と障害とを惹起し得る“
—シモン・ジエ―・ウィクラ―博士—

下肢、つまり脚と足は、上肢と同じく、運動器官である。加之(しかのみならず)、下肢は身体を支える台であり、又、柱でもある。
下肢が、凡ての状態のもとで、この二重の仕事をするのは、容易(たやす)いなことではないように思える。これを証拠だてるのは、下肢が不快或は、疼痛の形で、虐待を訴えるのも稀ではないと云う事実である。
われわれは、常に、斯様な訴えに敏感でなければならない。われわれは、それに気附くや否や、その下肢から訴えを取り除くために凡(あら)ゆることをすべきである。それと云うのも、これは、下肢の何処か故障が起こっていることを示す警告であり、若しも、放置するならば悪化して、重症性障害となる可能性が甚だ多い。更に悪いことには、これは、結局に於いて遠く離れた部位、たとえば腎臓、心臓、頭痛などの障害を誘発するであろう。
これに関聯して二つの支那の古言を心に留めておくのが重要である。曰く、“健康な足は強い生殖力である”尚又“アンダースタンジィング”と云う言葉も甚だ含蓄がある。
これは“英知、知性、洞察力、脚”を意味するのである。(ポケット、オックスフォード辞典)
(続く)

 

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和30年8月号より再録】

西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

四 肢 ⑶
“現代に於ては慢性の姿勢不良が、無力化した足に由来する異常なストレッスと緊張と共に、近頃の世代に見出される性的困難の主要な原因であると私は信ずる”
—シモン・ジェー・ウィツクラー博士—

二千年ほど前に印行された支那の古書“塩鉄論(えんてつろん)”の中に、次の如き警句がある。曰く“故に手足の勤(はたら)きは腹腸(ふくちょう)の養いなり”〔原文・故手足之勤、腹腸之養也〕。
この諺は、四肢と身体の他の部分との緊密な関連を掲示している点で甚だ示唆に富んでいる。足の障害が身体の他の部位にある器官の機能障害を誘致することは、証拠の示すところである。
どちらかと云うと、一つの特殊な実例は、右に述べた事実を例証するに足るであろう。
数年前、久しく息の臭いのに悩まされていた或る実業家が、この主訴を解消するには、どうすべきかと、わたくしに質(ただ)したことがあった。
わたくしは、明らかに臭い息の根本原因となっている下肢の不正状態を、何よりも先に矯正しなければいけないと示唆した。これを聞くと彼は即座に何故そうなるのかと問うた。そこで、わたくしは、次のように説明したのである。彼の下肢の障害は久しく腸を停滞させており、これから頑固な便秘が生じ、その便秘が身体のいろいろの部位に、幾多の機能障害を惹き起している。その症状発現の一つが、臭い息であると。
わたくしは亦、西医学に規定している足の運動を行い、且つその補助をしているアスコルビンソ(柿の葉茶)を飲むように勧めた。
その結果は、洵(まこと)に著しいものがあった。間もなく、彼は臭い息とその背景をなす便秘から、完全に解放されたのであった。
あなた方が、真に活動的で且つ有用な生活をしたいと思うかぎり、四肢にもっと分別を働かせるのは、あなた方の責務である。

(了)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                  The Resume of the
                  Nishi Medicine  (Ⅹ)

                           Prof. Katsuzo Nishi

Limbs ( 1 )
“La pied domine sur une santé. ” —Guillaume.
It is significant to note that the limbs often represent the whole body, as implied in a common phrase such as “to save life and limb”.
Of course it is in this sense that the writer enlists limbs as one of the principal elements of the human being.
However, so far as physical health is concerned, the lower limb, especially the foot occupies a top-high rank of predominance over all the other parts of the limbs, or the body. But it is too true that there are very few who are sensible enough to pay due hommage to the foot.
This is the only reason why the writer makes it a rule to lay a special emphasis on the foot in the story of the limbs. Needless to say that the other parts of the body are essential none the less because they are not particularly referred to here.
As some one pertinently remarked, “You are good as are your feet”. This is because “La pied domine sur une santé”. (the foot presides over health) (Guillaume)
Furthermore Dr. R. R. Hayhow has indicated that the foot may often serve as a very good index to the diagnosis of certain diseases, because there is a close relationship between the foot and health.
Therefore it is requisite to see more in details how much important is the foot to health. (to be continued)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

               The Resume of the
               Nishi Medicine (Ⅺ)

                            Prof. Katsuzo Nishi

Limb (2)
“Foot disorders can cause serious mechanical derangements and injuries not only in the feet and legs but also in anatomically distant tissues of the body”  —Dr. Simon J. Wikler—
The lower limbs or the legs and the feet are a locomotive organ as the upper limbs are ; and what is more, they are the supporting basis and pillars of the body.
Apparently it may not be an easy matter for the lower limbs to perform this duplicate job in all possible circumstances. This is evidenced by the fact that not seldom the lower limbs complain of ill-treatment in various forms of maladise or ache.
We should always be alive to such complain and no sooner than we become aware of it we should do everything to relieve the affected limb from complain ; because this is warning that something is wrong with that limb, which if left unheeded, is very likely to turn for the worse and develop into some serious disorder ; and what is worse, this eventually will lead to failure in remote regions such as the kidneys, the heart, and the head.
In this connection it is significant to note the dual Chinese Proverbs which read ; “Strong feet, strong virility.” and “Strong feet, a clear head”
Also very suggestive is the word understanding” which means “intelligence, intellect, insight, and legs”  (Pocket Oxford Dictionary)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                The Resume of the
                Nishi Medicine (Ⅻ)

                 Prof.  Katsuzo Nishi

Limb ( 3 )

“ This author believes that in this era chronic postural malposition, together with unusual stress and strain from disabled feet, may be a leading cause of sexual difficulties found in recent generations. ”
— Dr. Simon J. Wikler—

There is an aphorism in the ancient Chinese book “Entetsuron” (A Treatise on Salt and Iron) published about two thousand years ago, which remarks : “Work the limbs and have the strong bowels ” This saying is very suggestive in that it reveals undeniably the close relationship between the limbs and the rest of the body.  Evidence shows that any disorder of the foot leads to some disfunction of certain organs in other regions of the body.
A rather particular example will suffice to illustrate the fact above described. Several years ago, a business man who had long been troubled with foul breath, asked me how he should do for relief of complain.
I suggested him that before all other things he had to improve his bad conditions of the lower limbs, which were evidently a basic cause of foul breath ; upon this immediately he asked “Why so ? ” Then, I gave him a comment on this matter as follows : the disorder of his lower limbs had long caused the bowels to stagnate ; and from this had ensued the obstinate constipation, which had triggered off a series of disfunctions in various regions of the body, one of which manifestations was his foul breath,
And also I recommended him to practise the foot exercise as prescribed in the Nishi Medicine, and to take ascorb tea as a adjutant.
The result was indeed remarkable ; before long he was completely relieved of his complain, and its background, constipation as well.
It is up to you to be more sensible about the limb, so long as you really want to live an active and useful life.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

「西医学」誌昭和三十年(1955年)九月号~より昭和三十一年(1956年)五月号に掲載された「精神」についての記事から再録(和訳版)

 

【月刊『西医学』昭和30年9月号より再録】

                                                 西医学約説(英文の和訳)                                                                                                                                   西 勝造

精 神 ⑴
“精神無くして実体ある能わず、
実体無くして又精神ある能わず“
— ゲーテ —

これまでのところ、筆者は人間の形而下学的相面(けいじかがくてきそうめん)、即ち、皮膚、栄養及び四肢に就いて論究し、形而上学的相面(けいじじょうがくてきそうめん)即ち精神には言及しなかった。

今や、この精神の問題、つまり人間の実存をあるがままに理解するのに絶対的に欠くことの出来ない問題をとりあぐべき時期が到来して来た。

われわれは、まづ定義から始めることにしたい。
筆者は精神を定義して、魂、心霊、感情、精神的能力と機能であるとしたいと思う。要するに、西医学で使われる精神と云う語は、“ソマ”(身体)に対蹠(たいせき)する“サイコ”(精神)を意味する。

精神なくしては物質はあり得ず、物質なくては精神はあり得ないことは明白である。人間は精神と物質(もっと詳しく云えば、皮膚、栄養及び四肢)とが結合して全体を造りあげている実在者である。

デカルトは嘗て“コギト・エルゴ・スム”(我思う、故に我在り)と喝破した。彼は形而上学的側面から現実の焦点を把握したと云うてよかろう。しかし筆者は、この反対も亦、真理であると断言したい。形而下学的側面から、“我在り、故に我思う”と云うてよかろう。

ここで筆者は、唯心論又は唯物論に論述し且つ批判するつもりはない。何故かと云うと、これはこの論文の範囲外に属するからである。しかし乍ら、そのどちらも真相を半面しか、われわれに示さないものであるということを、指摘しておかねばならない。

これと反対に完全な真相は、精神と物資とを同格に値ぶみする理論によってのみ、啓示されるにすぎない。これは、西医学のよってたつ根本理論である。精神と物質(または身体)とが相互に依存することは異論の余地がない。これ等両者の間には、緊密な相関が存するのである。
(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                                                   The Resume of the
                                                   Nishi Medicine(XIII)

                                                                            Prof. Katsuzo Nishi

The mind (1)

“No matter can exist without Spirit, nor spirit can exist without matter. ”
Goethe

So far the writer has discussed and analyzed the physical phase of the human being, i. e. the skin, the nutrition, and the limb, leaving thus untouched on the mental phase, namely the mind.

Now it is time we have to approach this topic of the mind which is indispensable to understand the reality of the human being as it is.

Let us begin with a definition. The writer would like to define the mind as the soul, the spirit, the emotions, the mental faculties and functions. In short, the mind as used in the Nishi Medicine, implies the “psycho” as opposed to the “soma”.

It is plain and obvious that without mind there can be no matter ; without matter no mind. Man is an
entity of what the mind and the matter (or to be more precise, the skin, the nutrition and the limb)
combine into a whole.

Descartes once remarked, “Cogito, ergo sum”, (I think, therefore I am.) It may well be said that he has, from the mental side, grasped the focal point of the reality. But the writer would assert that the opposite is also true ; from the physical side one may say “I am, therefore I think. ”

Hereon, the writer intend to discuss and criticize neither idealism nor materialism ; because this is out of the scope of the present essay. However, it should be stressed that either of them tells us the story only by halves. On the contrary, the complete story can only be told by the theory which values the mind and the matter on a par. This is the fundamental theory, upon which the Nishi Medicine stands.

It is undisputable that the mind and the matter (or the body) condition each other ; there is a close interrelation between them.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和30年10月号より再録】

                                     西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

精 神 ⑵

“心のたのしみは良薬(よきくすり)なり”
旧約聖書にあるこの格言(箴言・第十七章・二十二節)は、精神が身体に影響を与えるという事実を確証している。

これと関聯して、注目に値するのは、つとに1879年、アメリカの医学教授ゲーツ博士が、この分野での経験から得た所見である。“わたくしの経験及び実験中に於いて”とゲーツ博士は述べている。“わたくしの得たか確信によると、憤怒や咉咉(おうおう)の感情状態は、有機組織体に有害な毒性産物を発生させるが、一方、こころ楽しき感情————満足、幸福、陽気さ、快活、愛————や善良な思慮は、有機組織体の治癒力を動員するのである。消極的な感情のなかで、憤怒と失望とは、神経系統にとって最も破壊的なものである。

これに劣らず重要なのは、ホレス・フレッチャーの所見である。これによると、恐怖はわれわれの体内に有毒な炭酸瓦斯を充満させ、われわれの気圏を毒し、感情、心霊及び精神の窒息を起させ、屡々徐々に死をも引き起こすと云われる。

更に又、エール大学教授ダブリュー・ジー・アンダーソンが身体に及ぼす精神力の影響を究明しようとして行った注目すべき科学的実験に言及して置くのも、確かに啓蒙的であると思う。被実験者を、感度の甚だ敏感な天秤(はかり)に乗せる。そこで彼の身体の重心は、天秤の中心と正確に合致する。次にアンダーソン博士は、彼に恰も実際に膝を十回乃至二十回屈曲しているかの如く、身体運動に精神を集中させ脚筋が疲労してきていると想像させてみた。数分の後、天秤は、彼の足の方へかしいできたことが知られた。それは精神の力だけでも、血流を脚の方へ向かわせることを示した驚くべき証明であった。しかも、それが創造的な運動の結果に過ぎなかったのである。
(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

The Resume of the Nishi Medicine (XIV)

                              Prof. Katsuzo Nishi

The Mind (2)

A Merry heart doeth good like a medicine”,

This adage in the Old Testament (Proverbs XⅦ、 22) confirmes the fact that the mind affects the body.
In this connection it is noteworthy that as early as 1879 the American professor of medicine, Dr. Gates published the findings of his experience in this field. “In the course of my experience and experiments,” writes Dr. Gates, “1 came to the conviction that irate, angry and despondent emotional states cause harmful, poisonous products in the organism, while the good feelings—contentment, happiness, jollity, good spirits, love—and good thoughts mobilize the healing power of the organism. Among the negative emotions fear ant I despair are perhaps the most destructive for the nervous system. ”

No less important is Horace Fletcher’s findings that fear fills us with noxious carbon dioxide and poisons our atmosphere, and that it causes a mental spiritual and moral choking, very often a slow death.

Furthermore it is certainly instructive to refer to the splendid scientific experiment conducted by Professor W. G. Anderson of Yale University, with a view to determine how far does the mental power affect the body. A subject was placed on a very sensitive balance, so that the centre of gravity of his body was exactly over the centre of the balance. Then, Dr. Anderson asked him to concentrate on physical exercise, as if he were really perfoming ten to twenty knee bends, and to imagine that his leg muscles were getting tired. After a few minutes it was found that the balance inclined in a direction of his feet. This was indeed a surprising proof that the power of the mind alone sufficed to direct the blood flow towards his lower limbs, and that this simply was a result of imaginary exercises.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和30年11月号より再録】

                                               西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

精 神 ⑶

“実験室での研究によると、恐怖は最も伝染力の大きい疾病よりも、更に伝染性が大きいということが見出されている” ————ジョン・イー・ギブソン博士―——

経験や心身医学の研究が、反覆適示していることは、結石の形成は通例、絶え間なき苦悩や悲哀に伴(ともの)うて起るものである。突然の恐怖は下痢を刺発するであろう。長く尾を引く苦悶は慢性腸カタルを起すであろう。度重なる亢奮は、心臓病や静脈瘤に対して路を開くであろう。深い失望又は挫折は、胃酸過多を起し、結局は胃潰瘍となるであろう。

再びゲーツ博士の言葉に言及するのも、無駄ではあるまいと思う。彼は述べて曰く、“実際に医学が幾多の病例を記録していることだが、過敏な神経系統を持つ人々は、致命的な恐怖にとらわれると、あたかも電撃されたかの如く人事不省に陥るのである。

これに関聯して、ジャン・ヅレー博士は、その著『人間心理生理学』の中で、甚だ興味深い実例を報告している。“さきの大戦中”とヅレー博士は語っている。“われわれは、高射砲兵部隊の若い砲手が激しい砲撃の最中に、部隊の他の兵士の眼前で突然虚脱したのを検査したことがある。彼が二十四時間後に意識を回復したとき、われわれは、彼がバセドー氏病のあらゆる徴候を具示していたのを認めた。眼球突出、震顫(しんせん)、心悸亢進(一分間当たり百五十鼓動)、甲状腺の軽度な拡大、下痢、発汗、基礎代謝亢進。この衝動前には、彼はこの疾病の徴候を一度も具示したことがなかった。たとえ、罹病素質を認めるとしても、この場合の感情発作が原因となって、斯様な症候の一群が突然に現れてきたことは、依然明白である”(フランス語原文から筆者訳)。

斯様に考察してくると、必然的にストレッスという問題に到達することになる。

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

The Resume of the Nishi Medicine (XV)

                                Prof. Katsuzo Nishi

The Mind (3)

“It has discovered by laboratory studies that fear is even more contagious than the most communicable disease. ”
Dr. John E. Gibson

Experience and psychosomatic research have repeatedly shown that the formation of calculus is generally preceded by everlasting worry and sorrow. Sudden fright may provoke diarrhoea. Protracted anxiety may lead to chronic intestinal catarrh. Frequent excitement will pave the way for heart trouble and varicose vein. Deep disappointment or frustration will bring about acid stomach and eventually will end in peptic ulcers.

May it not be superfluous to refer again to DI’. Gates, who remarked, ” Actually medical science records many cases in which people with sensitive nervous systems collapsed lifeless in mortal fear as if they had been strucked by lightning. In this connection, a very interesting case is reported by Dr. Jean Delay, in his book “La Psycho Physiologie Humaine”. “During the recent war”,

Prof. Delay said, “we have happened to examine a young gunner of A. A. A. who, amid violent bombardment, had suddenly collapsed in the presence of other men of his unit. When he has recovered consciousness 24 hours later, we have confirmed that he had manifested all the signs of Basedow’s disease : exophthalmus, tremor, tachycardia (150 per minute), moderate enlargement of the thyroid gland, diarrhoea, sweating, elevation of the basal metabolism. Previous to the shock, he has had never manifested any sign of this disease. Even though one admit the predisposition, it is nevertheless evident that, because of the emotional paroxysm on that occassion, the sysmptomatic cortege has suddenly appeared”. (translated from the French text by the writer).

All these consideration will inevitably lead to the problem of stress.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

月刊『西医学』昭和30年12月号より再録】

 

                                           西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

精 神 ⑷

歪力(わいりょく)と云う概念を暫くおき、われわれは精神と身体との相関を、別の角度から考察してみなくてはならない。

“行動を伴わぬ思考は、停滞して澱む。しかし、思考を伴わぬ行動は、結実しない”とかつて、ある賢者が喝破した。

生命は外へ出すものと内に取り入れるものとの平衡を要請する。自然は与えるものと取り入れるものとの完全な釣合を維持している。われわれも精神的なものと身体的なもの、行動と思考との釣合を保たなければならない。

この釣合は、恒常性と云う概念を包含する。恒常性(語義的には、同じ立場)と云う概念は、“有機組織体の正常状態にもられる均一性又は安定性への傾向だ”と定義しても差し支えなかろう。

しかし乍ら、この“安定性”は、固定して静的なものでない。それは変動して動力学的なものである。従って恒常性と云う概念は、変化と固定性の欠如を云う含みを背景にもっている。恒常性系とは、生きている有機組織体の外部又は内部環境で働く様々な因子に反応して変動しやすいが、常に安定した平衡状態に戻る系である。

精神的なものと身体的なものとの所期した釣合は、恒常性の全幅的活用のみによって達成されるものであることは明かである。

だが、どのようにしてであるか、この問題を解くためには、恒常性を働かせる機構を把握しなくてはならない。それは、筆者が、他の所で示唆しておいた如く、出入の法則である。

これについてのもっと詳しい論述は、後ですることにする。

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

 

The Resume of the Nishi Medicine (XVI)
Prof. Katsuzo Nishi

  The Mind (4)

Setting aside for a moment the concept of stress we must consider the interrelation between the mind and the body from a different angle of view.

“Thought without action is stagnant, but action without thought is futile”. once remarked a sage.

Life calls for a balance between outgo and intake. Nature maintains a perfect balance in giving out and taking in ; and we should keep balance between the mental and the physical, between action and thought.

This balance connotes the concept of homeostasis.  The concept of homeostasis (literally, alike standing) may be defined as “a tendency to uniformity or stability in the normal state of theorganism. ”

However this “stability” is not fixed and static ; it is labile and dynamic. Thus the concept of homeostasis has an implication of change and lack of fixity in the background. A homeostatic system  is the one which is liable to fluctuate in response to various factors active in either the external or the internal environment of the living organsim, but always return to a resting state of equilibrium.

It is obvious that the desired balance between the mental and the physical is attainable only through the full-ranged activation of homeostasis.

But how?  To solve this problem  it is indispensable to realize the basic mechanism by which homeostasis works. This is the Law of In and Out, as the writer has suggested elsewhere, It is the Law that governs the organic economy of every living thing in nature. The more detailed description on this subject will be given later  on.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和31年1月号より再録】

                                                 西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

精 神 ⑸

さて、われわれは歪力(わいりょく=ストレッス)と云う概念に就いて論究してみたい。

まず定義から始める。

“歪力という云う概念は”とある学者が述べている。“確定した平衡を崩す傾向のある力、または作因(さくいん)として、多くの問題を解決するのに使われてきた。物理学や工学で使われているが如く、物質の形状を変える傾向のある強制力または促力として、歪力(ストレッス)と云う概念は、人体の構造及び機能の既成型或は形状を変えると同じような強制力又は促力を表現するのに転用されるに至った”

歪力(ストレッス)と云う概念を初めて提唱したのは、モントリオールのハンス・セリー博士であった。実を云うと、これは、精神身体(心身)医学の作道原理(さくどうげんり)である。歪力と云う概念は、精神と身体との相互作用の全領域を一言で表現した要縮なのである。この意味から云うと、これは、斯様なものとしては興味はあるが、何ら新しいものを含んでいない。西医学はその誕生以来、歪力と云う語こそ使わなかったが、同じ問題を力説してきたことを想起したい。

“多数の疾病は、何ら単一の原因、何ら特定の病原菌を有(も)たない”と最近ハンス・セリー博士は述べた。“しかし、その多くは、非特定的歪力に対する不適当な反応から起る病原菌的状態によって起るものである”。

 セリー博士が、前に述べたところを註解して歪力、たとえば、煩悶、懸念、恐怖、暑熱、寒冷、妊娠などは、幾多の疾病の原因となり得ると云うて差支えなかろう。

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                                          The Resume of the Nishi Medicine ( XVII)

                                                      Prof.  Katsuzo Nishi.

The Mind (5)

Now let us approach the concept of stress. Begin with the definition.

“The concept of stress.” a certain author said, “as a force or agent which tends to overcome an established equilibrium has been used in the understanding of many problems. As a compelling or urging force tending to change the form of a substance, as used in physics and engineering, the concept of stress has been taken over to express similar compelling or urging forces which change an established pattern or form in structure and function of the human body.”

It was Dr. Hans Selye, Montreal who has first expounded the concept of stress. Ⅰn fact this is a working principle of the psychosomatic medicine. The concept of stress is an epitome, which covers in a single word the whole realm of interaction of the mind and the body. In this sense although it is of interest as such, there is nothing new in it. ; Recall to mind that since its birth the Nishi Medcine has dwelled with emphasis on the same subject, although without using the term “stress”.

“Many diseases have no single cause, no specific pathogen,” remarked recently Dr. Hans Selye, “but are largely due to nonspecific stress and to pathogenic situations which result from inappropriate responses to nonspecific stress.”

Commenting on what Dr. Selye remarked as above, it may be said that stress, such as anxiety, worry, fear, hot and cold, pregnancy, etc. ; is responsible for various diseases.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和31年2月号より再録】

                                                                       西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

精 神 ⑹

精神に就いて論述するにあたって、潜在意識について一言も述べぬのは、確かに不当である。何故かと云うと、われわれは二つの心、つまり意識と潜在意識を有(も)っているからである。メルヴイン・パワースが、その著「精神力」の中で指摘している如く、意識は思考の源泉である。これは、合理的行動を要請する日常の問題において、われわれの使う精神である。これは、われわれが日常の世界において、五官の協力を待って活動できるようにさせる精神である。

他方において、潜在意識は、本能の中に深く根ざし、もっと複雑で、また、微妙でもある。潜在意識は、正常並びに異常な状態のもとで有機組織体の要求を満たして、人間の安全を維持する。潜在意識は精神の領域の中で、その不思議な精神力を働かして、意識には使うことの出来ぬ内及び外の力を個人に思考させ、感知させ、また、接触させるようにするものである。

潜在意識は、真実な力の所在するところであって、この力は適当な状態のもとで釈(と)き放たれるのを待っている。潜在意識の中に内在するこの潜勢力釈放は、個人の最高な発達に寄与する。この力を釈き放ち得るのは、積極的且つ建設的な動機化、つまり暗示により、この力を発生させようとする強制的な、力強い意志力だけである。

もしも、われわれが精神を樹木にたとえるとすれば、意識は幹にあたるし、潜在意識は、樹木がその力を取得する根にあたるのである。

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                                    The Resume of the Nishi Medicine (XVIII)

                                                Prof. Ratstlz.o Nishi.

The Mind ( 6 )

In discussing the mind, it is indeed unjustifiable to say nothing about the subconscious, because of the fact that we have two minds, the conscious and the subconscious.

As Melvin Powers pointed out in his book “Mental Power”, the conscious mind is the source of thinking, it is the mind we use in our daily problems which require rational behaviour. It is that mind which makes it possible for us to function in the every day world through the cooperation of five senses.

On the other hand, the subconscious mind is deeprooted in instinct, and is more complex and subtle. The subconscious mind maintains the
security of the human being through meeting the needs of the organism under various conditions, both normal and abnormal. It operates in the area of the psychic realm through the use of its strange and psychic powers whicn make it possible for the individual to think, feel, and contact outer and inner forces that are unavailable to the conscious mind.

The subconcious mind is the seat of real force and power which is waiting to be released under proper conditions. The release of this potential energy inherent in the subconscious mind makes for the highest development of the individual. This power can only be released by a forcefull and strong conscious will to generate it through positive and constructive motivation or suggestion.

If we compare the mind to the tree, the conscious mind corresponds to the trunk, and the subconscious mind the root from which the tree gains its strength.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和31年3月号より再録】

                          西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

精 神 ⑺

しかし、精神は何処に所在するのか。
これは歴史と同じくらい古い神秘である。未だ誰も精神が真実に何処に所在しているかを実証していない。

筆者の見解によれば、意識の真実な所在個処は脳脊髄神経系統、つまり動物性神経系統であるし、他方、潜在意識の意識個処は自律神経系統、つまり植物性神経系統である。この論証は、動物性神経系統は、意識と同じく意識的意思の支配を受けているが、植物性神経系統は潜在意識と同じく、意思力の支配を受けぬと云う事実からくるのである。

これと関聯して注目に値すべきことは毛細管床とグローミュー(動静脈吻合)とが、神経系統の分布の点で、著しく違っていると云うことである。実を云うと前者の有(も)つ神経系統は75%の脳脊髄神経と、25%の自律神経とから成っているのであるが、他方、後者の神経系統は25%の脳脊髄神経と75%の自律神経とを含む。このことは毛細管床は意識がその主役を演ずる舞台であり、グローミューは潜在意識が優越的にその役目を演ずるスクリーンであると云うことを示唆する。

このことからみて明らかであるが、もしも、毛細管床(もうさいかんしょう)またはグローミューのどちらかが適当に機能しなくなるとすれば、これに必然的に伴(ともの)うて、全体としての精神の障害が起るであろう。

従って、全体としての精神の健全と完全な発達は毛細管床及びグローミューの両者の健全と適当な機能とに依存することは否(いな)みがたい。血液循環上に於けるこれ等二つの重要な因子については、もっと後でさらに詳しく述べるであろう。

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

             The Resume of the Nishi Medicine       (XIX)

                                      Prof. Katsuzo Nishi

                       The Mind (7)

But where is the mind ?
This is a mystery as old as history. As yet no one has demonstrated convincingly where the mind really is.

The writer holds that the real seat of the conscious mind is the cerbro-spinal nervous system or the animal nervous system, while that of the subconscious mind is the autonomic nervous system or vegetable nervous one. This argumentation comes from the fact that the animal nervous system is under control of conscious will as much as the conscious mind is, while the vegetable nervous system is, just as the subconscious mind, beyond control of voluntary power.

In this connection it is noteworthy that the capillary bed and the glomus (Arterio-Venous Anastomoses) differ strikingly from each other in the distribution of the nervous system. The fact is that the former has the nervous system, consisting of 75% of the cerbro-spinal, and 25% of the autonomic, while that of the latter comprises 25% of the cerbro-spinal and  75%  of the autonomic. This connotes that the capillary bed is the stage where the conscious mind plays its dominant role, and that the glomus is the screen where the subconscious mind displays its role predominantly.

It is obvious from this that should either the capillary bed or the glomus fail to function properly, this would involve disorder of the mind as a whole.

Therefore, it is undeniable that the health and perfect development of the mind as a whole depend upon the soundness and proper function of both the capillary bed and the glomus ; the more detailed description of these two important factors in the blood circulation will be given later on.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和31年4月号より再録】

                       西医学約説(英文の和訳)

西 勝造

精 神 ⑻

“精神は物質を動かす”

—— ウエルジル ――

“貴男は、貴男が自身で思うているだけの人物である”と云う諺がある。

この諺には千古の智慧がある。良好な思考は、貴男を幸福にさせるが、邪悪な思考は、貴男を不幸にさせるのであり、これは事実である。

ある人が、胃部に突然疼痛を感じ、これを胃潰瘍の症状だと信じる時には、この考えのために胃潰瘍が実際に起こり得るのである。多数の障害は、その患者が何とかして受け入れた謬見(びゅうけん)または不条理な危惧によって起る。云い換えると、斯様な障害は、彼の受けた邪悪な或は不条理な暗示に因って起されるのである。

暗示は、行動に変形する観念である。

われわれは、誰しも暗示を受け易い。これは凡ての人間の有(も)つ特徴の一つなのである。暗示は個人の内部からも亦外部からも来る。暗示は精神竝びに身体の両者に対して深刻な影響を与える。従って、われわれは、良好な且つ条理の正しい暗示を最大限に活用するだけの分別力を有ち、延(ひい)ては幸福な、成功に満ちた且つ生産的な生活をしてゆかねばならぬのは明かである。

エミール・クーエは、次のような言葉をわれわれに示し、われわれ自身をもっと良くさせるためには、それを反復して潜在意識の中へ転入すべきであると勤請(かんじょう)している。“毎日々々、凡ゆる点で、わたくしは次第に良くなってゆく”。これは、確かに味わうべき勤請である。

この良き幸福な思想の種子を、貴男の自我の地層の中へ植え付けよ。貴男は必ずや福祉の収穫を苅り取るであろう。

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

          The Resume of the Nishi Medicine (XX)

                          Prof. Katsuzo Nishi.

                 The Mind ( 8 )

“Mind Moves Matter”

                      —Vergil—

An adage says, “You are what you think you are.” In this saying there is a great wisdom of the ages. It is the fact that good thought makes you happy, while evil thought makes you unhappy.

when a person feels a sudden pain in the epigastric region, and he believes it as a symptom of peptic ulcer, then, by virtue of this thought, peptic ulcer can really develop. Many disorders

the victim has somehow picked up; in other words,

such disorders are caused by wrong or unreasonable suggestion which he has received.

Suggestion is an idea which undergoes transformation into action.

We are all susceptible to suggestion. This is one of the characteristics of all human beings. Suggestion come from the outside as well as from the inside of the individual. It exerts a profound influence upon both the mind and the body. It is therefore evident that we are sensible enough to make the best of good and reasonable suggestion, so that we are able to enjoy a happy, successful, and productive life.

Emile Coué has recommended to us the following phrase, which we should repeatedly transmit by ourselves into the subconscious mind in order to make ourselves better. “Day by day in every way I am getting better and better.” This is indeed a worthy recommendation.

Plant the seeds of this good and happy thought within the stratum of Your Self, and certainly you will reap the crop of welfare.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和31年5月号より再録】

                                                    西医学約説(英文の和訳)(最終回)

西 勝造

精 神 ⑼

精神の節を結ぶにあたり、論旨を更にもっと明白にするため、少しばかり附言しておきたい。

筆者が強調した如く、精神と身体とが互いに深くまた広く影響を与え合うのは、確実な事実である。従って、結局人間の完全な健康は、一者としての精神と身体の両者の完全性を要請すると云える健全な身体に、健全な精神と云う古い格言を想起して欲しい。これは、この世の幸福な状態を簡潔だが充分に叙述した言葉であるとジョン・ロックは述べた。

シェークスピアの屡々引用される警句“快活な人は長生きをする”は含蓄の深いものがある。これは、煩いや憂苦は心臓を喰いつぶし、心配は九生をもつ猫をも殺すと云うことを示唆している。

人間は思うような者になる。この簡潔な諺は、多大な意味を有っている。若しも、いつも憂鬱な気持ちに捉われているならば、万事がうまくゆかない。若しも病気で惨めだと思い込むならば、十中八九、病気になるであろう。

われわれは、常に積極的で、人生を明るく見なくてはならない。これは健康、繁栄、福祉を達成する途(みち)である。

然し乍ら、われわれが、元気よくして居ることは必ずしも常に容易いことではない。われわれは絶えず現代生活の緊張(ストレイン)や歪力(ストレス)に曝されて居り、それに甚だしく迫害されるからである。然し乍ら、環境から起る有害な要素に侵されないで居られる確実な方法がある。それは潜在意識に、いつも取り分け眠りかけるときに、次の言葉を強く刻み付けることである。“毎日自分は凡(あら)ゆる点で、次第に良く成る”
(了)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

                The Resume of the Nishi Medicine (XXⅠ)

                             Prof. Katsuzo Nishi.

The Mind (9)

In concluding the section of the mind, a few words may be added to make the point more lucid.

As the writer has emphatically pointed out, it the established fact that the mind and the body exert far-reaching effect on each other. Therefore the upshot is that the perfect health of human being calls for soundness of both the mind and the body as a single whole. Recall to mind the age old adage that a sound mind in a sound body. This is, John Lock remarked, a short but full description of a happy state in the world.

Shakespeare’s oft-quoted phrase that a light heart lives long is pregnant. This implies that worry and anxiety will eat your heart out, and that care kills even a cat who has nine lives.

As a man thinks, so he is. This terse saying is full of significance. If you are haunted by blue devils, every thing goes against you. If you take it that you are sick and sorry, the chances are one to ten that you will get it.

We must always be positive and take to a rosy view of life. Let’s look on the sunny side of life. This is the way to health, prosperity and well-being.

However, it is not all times a easy matter for us to keep good heart, because we are constantly exposed to the strain and stress of modern life, which will badly oppress us. Nevertheless there is a foolproof way to keep off any offensive factor surging from the environment. The trick is to impress strongly into the subconscious mind the following charm all times, particularly at the moment of going to sleep : “I am getting better and better in every way day in, day out.”

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook

G-RRXBNEVVBB