西式健康法

西会本部公式ホームページ | 株式会社 西式サービス

月刊「西医学」に掲載された英文とその和訳とを再掲載

約42分
月刊「西医学」に掲載された英文とその和訳とを再掲載

◆月刊「西医学」誌昭和29年(1954年)
9月号~12月号に「皮膚」について掲載された記事から再録(和訳版)

【月刊『西医学』昭和29年9月号より再掲載】

      西医学約説(英文の和訳)  (第1回)                                                                                    西 勝造

皮 膚
究極に於いて、人間を一者として造りあげているものは、四つの根本的要素である。それは、皮膚・栄養・四肢(身体)及び精神である。われわれは、これ等を四つの根本原則と称する。これが西医学の根柢をなす原理である。
まづ第一に、皮膚に就いて少しばかり述べてみたい。その前に、西医学で使っている皮膚という用語を定義しておく必要があろう。これは新しい意味を含蓄しているからである。
皮膚とは身体表面を意味するばかりでなく、身体内にある諸器官の壁内面(へきないめん)をも意味する。従って、皮膚とは、身体と、外部環境若しくは内部環境のとの界面である。
皮膚は、われわれの健康と福祉にとって、極めて重要である。しかし、このことを明瞭(はっきり)と知っている人々が至って少いのは、遺憾ながら事実だ。彼等は、皮膚の真相をまだ嘗て(かつて)聞かされたことがないのである。
殆ど、凡ての疾病は皮膚と係りを持っている。皮下出血を例にとってみるのが、啓蒙的であろう。
どうして皮下出血は起るのだろうか。これを起させる初原的因子(しょげんてきいんし)は、グローミュー(動静脈吻合管)(どうじょうみゃくふんごうかん)の機能不全である。
皮膚には、グローミューが豊富に分布している。グローミューは、小動脈と小静脈とを直結する往来路(おうらいろ)である。グローミューは、正常の場合、毛細管と共に働いて、血流を正しく保つ。グローミューが変質的変化に因って働かなくなれば、毛細管が余分の仕事を過重されてくるのは明かである。それが原因となって遂には皮下出血を生ずるのである。
皮下出血は、確かに無防禦(むぼうぎょ)の戦線であって、感染に甚しく攻略され易い。二、三の実例を挙げれば、この事実は充分に立証されるであろう。インフルエンザの場合では、歯齦(はぐき)の縁の近くに赤条がみられる。(フランケ氏症状)これはインフルエンザ菌感染の具証である。これ等の赤線が皮下出血であることはいうまでもあるまい。屡々これに続いて間もなく歯槽膿漏が起る。後には、更に悪化して遂には肺結核となる。これに関聯(かんれん)して銘記して置くべきことは、歯齦上の赤線が肺結核の徴候の一つとみなされていることである(フレデリック氏徴候)。
更に又、“大転子骨端(だいてんしこつたん)の外傷離脱の場合に於いては、スカルパ氏三角の底辺に於ける腫脹(しゅちょう)及び皮下出血”(ルトロッフ氏徴候)が見出される筈である。
上に述べたところから明かとなるように皮下出血は、現実の危険が差し迫っている赤信号と解すべきである。
われわれは全力をあげて、これを治し現実の危険を避けねばならない。しかし乍ら、われわれが皮下出血そのものを、予防でき、又予防するとしたら、遙(はる)かに勝るであろう。その方策の鍵は皮膚の健康だけにみいだされる。
皮膚の健康を計るもっと効果的な方途としては、われわれは、西医学の四原則に準縄(じゅんじょう)した六大法則を実行されることを示唆したい。酒を飲み、或は菓子を喰べたときには忘れずに、その後で生水とアスコル茶を飲み、毛細管運動を実行されるべきである。温冷浴や裸療法も亦皮膚の健康に効果がある。
〔註〕⑴肺結核に関しては、ロムバルヂ氏徴候“第七頚椎及び第一乃至第三胸椎の棘上突起(きょくじょうとっき)の部位における静脈怒脹の現出”をも述べておかねばならない。これも亦グローミューの機能不全に因るものだからである。〔註〕⑵スカルパ氏三角とは股の内側上半分上の表在三角の謂(いわれ)である。

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和29年10月号より再録】

                  西医学約説(英文の和訳)
西 勝造

皮 膚 (二)
皮膚に就いてもう少しく述べてみたい。皮膚は、心臓や肝臓や腎臓や肺臓と同じように一個の器官である。のみならず皮膚は、生産力と活動力との点で、他の凡ての器官を凌駕する。皮膚は多角的な機能を具えている。ここでは、その中、少しばかりの機能に就いて述べるに止(とど)める。
皮膚は肺臓と同じように所依(しょい)するのと同じ程度に皮膚に依存する。皮膚は、毛髪、爪、汗、脂肪を造る。皮膚は体内から不用物を排泄する。空気の中の有害な要素に対して、身体を保護しもする。皮膚は亦、体温の調節に就いても重要な役割をするのである。
健康又は、疾病のときに於いても、皮膚と身体の他の部分との間に、近密な関聯(かんれん)がある。皮膚は健康のバロメーターだと言うのは至言である。身体のある部分の疾病は殆ど、常に皮膚の障害を反映する。身体内の疾病で、皮膚に何等かの影響を与えないものは甚だ少い。
これに関して、筆者は、マルテンの言葉を引用したいと思う。彼は、皮膚の適切な処置こそ腎臓障害の奏効する第一歩であると言う意味のことを言うている。
言うまでもなく、これは皮膚と腎臓とが関連をもっていることを示唆する。
皮膚の障害は、根本的に言うと大事にしすぎることから起る。とりわけ厚着の習慣が障害発生者とみるべきである。
従って皮膚を日常鍛錬するのが、極めて重要である。皮膚は新鮮な空気に曝せば曝すだけ、強健となってくる。
皮膚は所謂、皮膚食を必要とせず、又摂らないと言うことを銘記しておくべきである。皮膚は、その必要とする栄養物質を、他の器官と同じように血流から吸収する。
従って皮膚食として広く宣伝されている「トニック」や化粧剤を矢鱈に用いて皮膚を健康にしようとするのは、誠に愚かしいことである。これ等のものは皮膚には何等効果はない。それよりも、遥(はるか)に優(まさ)るのは、西医学の推奨する温冷浴又は裸療法を実行して皮膚を鍛錬することである。これこそ、皮膚の健康を達成する。真の確実な途(みち)である。
温冷浴に関し、筆者の息子は、その方式を、和歌(日本流の詩)に甚だ適切に要約しているので、附言して置きたい。その意訳は次の通りである。

水湯水
湯水湯水と交互浴
一分毎に健康になる

みず ゆみず
ゆみず ゆみずとこうごよく
いっぷんごとにけんこうになる

(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

「西医学」誌昭和29年(1954年)9月~12月号に掲載された「皮膚」についての英文記事から再録(英語版)

 

                                                   The Resume of the
                                                   Nishi Medicine

The Skin
                                                                       Prof. Katsuzo Nishi

There are in the last analysis the four principal elements which go to integrate the human being as the ONE. They are the Skin, the Nutrition, the Limbs (the body) and the Mind. We call them the Four Basic Principles. This is the fundamental view which underlies the Nishi Medicine. To begin with, we would say a few words about the skin. Beforehand may it be necessary to define the word ‘ ‘the skin” as used in the Nishi Medicine, because it involves a rather new meaning. It does imply not only the body surface, but also the inner wall surface of the various organs in the body. Thus the skin is the interface that very few people are quite aware of it. They have never before been told of the true story of the skin.
Almost all diseases have something to do with the skin. An example of ecchymosis may be instructive. Why does ecchymosis occur ? A primary factor which is responsible for it is the failure of the glomus. As you may know, the skin has a rich. supply of the glomus, which is a direct thoroughfare between the arteriole and the venule. The glomus works normally with the capillaries to keep the blood flow in order. If the glomus fails to work because of the degenerative changes, it is obvious that the capillaries will be overloaded with extra work. This will eventually lead to ecchymosis.
Ecchymosis is in fact an undefended front, which is highly vulnerable to any infection. A few examples will suffice to prove it. In the case of between the body and either the outer or the inner environment. The skin is of paramount importance for our health and wellbeing. But it is but too true that very few people are quite aware of it. They have never before been told of the true story of the skin.
Almost all diseases have something to do with the skin. An example of ecchymosis may be instructive. Why does ecchymosis occur ? A primary factor which is responsible for it is the failure of the glomus. As you may know, the skin has a rich. supply of the glomus, which is a direct thoroughfare between the arteriole and the venule. The glomus works normally with the capillaries to keep the blood flow in order. If the glomus fails to work because of the degenerative changes, it is obvious that the capillaries will be overloaded with extra work. This will eventually lead to ecchymosis.
Ecchymosis is in fact an undefended front, which is highly vulnerable to any infection. A few examples will suffice to prove it. In the case of influenza, red streaks are visible near the border of the gums. (Franck’s symptom) This is a manifestation by infection by influenza. Needless to say these red streaks denote ecchymosis  influenza, red streaks are visible near the border of the gums. (Franck’s symptom) This is a manifestation by infection by influenza. Needless to say these red streaks denote ecchymosis.
Often this may before long be followed by pyorrhea. Later it may turn for the worse and end in pulmonary tuberculosis. (1) In this connection we have to note that a red line on the gums is regarded as one of the signs of pulmonary tuberculosis. (Frédéricq’s sign).
Furthermore in the case of “traumatic separation of the epiphysis of the great trochanter, swelling and ecchymosis at the base of Scarpa’s (2) triangle” are to be found. (Ludloff’s sign).
It is therefore evident that ecchymosis should be taken as a red signal that real danger is full in sight. If ecchymosis occur, we have immediately to exert our utmost to cure it so as to avert real danger. However it is by far the better if we can and do prevent ecchymosis  itself. The key to this approach can be found in nothing but health of the skin.
As a most effective way to health of the skin, we would suggest to you the following : practise the Six Rules in accordance with Four Basic Principles of the Nishi Medicine. Whenever you may drink alcohol or eat sweet cake, don’t  forget to drink fresh water and a cup of ascor tea afterward. And then perform the capillary exercise. The succession bath and the nude therapy are also helpful for health of the skin.
Note (1). Concerning pulmonary tuberculosis, Lombardi’s sign “the appearance of varicosities in the region of the spinous processes of the seventh cervical and first three thoracic verterbrae” should also be mentioned, as these varicosities are due e to the failure of the glom us.
(2) Scarpa’s triangle is a superficial triangle on the upper inner part of the thigh.

 

                                      The Resume of the
                                      Nishi Medicine (Ⅱ)

The Skin (2)
                                                                       Prof. Katsuzo Nishi

A few more words about the skin. The skin is an organ in the same sense as the heart, the liver, the kidneys, and the lungs are. Moreover, the skin surpasses all the other organs in productivity and activity. It has the multiphased functions. Here suffice to mention only a few of them.
The skin respires as the lungs do. The breath of life depends on the skin as much as it does on the lungs. The skin produces the hair, the nail, the sweat and the grease. It eliminates from the body the waste matter. It protects the body against the noxious elements in the air. The skin also plays an important role in regulating the body heat.
There is a close relationship between the skin and the rest of the body either in health or in disease. A wisecrack is that the skin is the barometer of health. The disease in some part of the body almost always reflects the disorder in the skin. Very few diseases in the body fail to affect the skin in one way or other.
In this connection, the writer would refer to Malten’s remark to the effect that taking the good care of the skin is the first step toward the successful treatment of renal disorder. Needless to say, this implies the existence of the relation between the skin and the kidneys.
Basically the disorder of the skin is initiated by overcoddling ; particularly the habit of being warmly clad is to be accuse as the offender.
Therefore it is highly important to drill the skin daily. The oftener the skin is exposed to the fresh air, the stronger becomes the skin.
It should be stressed that the skin does not demand or take the “skin food”. The skin absorbs the nutrious matter from the blood flow just in the same way as the other organs do. Therefore it is indeed a foolish thing to try to make the skin healthy by the profuse application of tonics or cosmetics which are widely publicized as skin food ; they are of no use for the skin. Far better is it to cultivate the skin by taking the succession bath or practising the nude therapy as recommended by the Nishi Medicine. This is the true and sure way to health of the skin.
As to the succession bath, it may be of interest to add that the writer’s son has aptly abridged  the formula of this bath in “Waka” (the Japanese styled poem), of which the free translation will be as follows;

Cold,hot,and cold
hot and cold
hot and cold

Take a bath in succession,
And forward a step by a step
On to the health’s path in succession.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和29年11月号より再録】

                  西医学約説(英文の和訳) (第2回)
西 勝造

皮 膚 (三)
これまで述べたところで、皮膚の話は、尽きたわけでなく、尚、多くの事柄について述べねばならぬのは確かである。しかし乍ら、皮膚が、われわれの福祉にどれだけ重要であるかは、既に述べたところで十分明かにされていると思う。   さて終りにあたって、裸療法と温冷浴とに就いて少しばかり述べてみたいと思う。
まづ裸療法であるが、この療法は裸体主義とは根本的に違ったものであることを知っておくのが重要である。裸体主義が強制するような原始生活への復帰を要求するものではない。裸で日常生活をするには及ばないのである。次に示す規定表によって部屋の中で、僅かな時間、裸体で居るだけでたるのである。
*この値は、裸療法中循環時間が正常な平均よりも、かなり短くなってくるという所見を考慮して算定したものであ  る。
*初めてこの療法に着手する人は、次に示す補正課程を暫く裸療法に十分に慣れるまで実行するほうがよろしい。

第一日 次の規定表の⑴から⑹
第二日       ⑴から⑺
第三日       ⑴から⑻
第四日       ⑴から⑼
第五日       ⑴から⑽
第六日         ⑴から⑾

規定した時間
窓を開放した部屋で    窓を閉鎖した部屋内で
回数    裸体でいる時間      着衣している時間

  •  1.    20秒           1分時間
  •  2.    30秒            〃
  •  3.    40秒            〃
  •  4.    50秒            〃
  •  5.    60秒           1分30秒
  •  6.  70秒            〃
  •  7.  80秒            〃
  •  8.  90秒           2分時間
  •  9.  100秒            〃
  •  10.  110秒            〃
  •  11.  120秒           終わり
    暫らく休息

(一)裸療法の一般法則を次に要約しておく。
毎日二回、望むらくは、日の出前と日没後とに行うこと。病弱者は、毎日三回、朝、昼、夕方実行するのがきわめて 望ましい。
(二)毎日実行し、中断せずに三十日間続けること。二日乃至三日の休息期間をおいてから、全過程を反復すること。三回又は四回の全過程の実行は、慢性疾病をも治すにたりる。

裸療法が甚だ効験があるのは、体内の代謝平衡を促進し、とりわけ組織内の酸化作用を助け、一酸化炭素の炭酸瓦斯への転換を容易にし、延(ひ)いては血液や他の体液の浄化に寄与するからである。
(続く)

 

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

【月刊『西医学』昭和29年12月号より再録】

                    西医学約説(英文の和訳)
西 勝造

皮 膚 (四)
次に温冷浴であるが、これには厳格に守るべき若干の法則のあることを知っておかねばならない。一分間の冷浴と(一)一分間の温浴とを交互に5回或(あるい)は7回、或(あるい)は31回或(あるい)は61回、続けて行うこと。(二)冷浴をもって始め、冷浴をもって終ること。初めて行う人の場合に、よく見受けられることだが、最初の冷浴は 耐えられぬかも知れない。そういう場合には、温冷浴に慣れるまで暫く、温浴で始めてもよろしい。然し乍ら、どんな場合でも、温冷浴は必ず冷浴をもって終るように心がけねばならない。
(三)温浴の温度は華氏107~109度(摂氏41度6分~42度7分)とし、冷浴の温度を華氏57~59度(摂氏13・8~15度)とし、両者の温度差の限界を凡そ華氏50度(摂氏27度7分)とすること。
(四)動脈硬化症に罹り易い人は、次の特殊過程に従うことを勧めたい。

温度(華氏)
温 浴          冷 浴           期間(日)
104度(摂氏40度)     86度(摂氏30度)        3~5
105度(同40度5分)     77度( 同25度)        2~3
106度(同41度1分)       68度( 同20度)        2~3
109度(同42度7分)       57~59度(同13度8分~15度)

温冷浴は、確かに皮膚の健康を増進する上に於いて重要な役割を演ずる。これは、皮膚のグローミュー(動静脈吻合管)及び毛細血管を刺戟して、全面的に働かせるので、その結果、血流は活潑となり、改善させられてくる。他面これが有機組織体の一般健康を増進するのに寄与することは、明かである。この理由により温冷浴は、幾多の疾病たとえば風邪、神経痛、喘息、偏頭痛、リウマチ、マラリヤ、梅毒に甚だ効験がある。
最後に、特殊な器械“ASB”(自動温冷浴器)に就いて少しばかり附言したい。
これは、筆者が発明した器械であって、今や貴君方(あなたがた)は、これを手に入れることが出来る。この“エー・エス・ビーは、普通課程の温冷浴を完了するのに要すべき時間と手間とを節約するので、甚だ役立つ。たとえば、“エー・エス・ビー”の助けを借りるならば、16回冷浴、15回温浴という高等課程を31分以内で済ますのも容易である。この過程に練達するならば、31回冷浴、30回温浴の特別課程をも、なんら支障なく完了するのも容易である。このことは、銘記しておくに値する重要な点である。既得の所見によれば、この特殊過程は、年長者に於いてさえも、若々しい活力を復活させる確実な方法であることが示されている。

(了)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

 

                                      The Resume of the
                                      Nishi Medicine (Ⅲ)

                   The Skin (3)
                                                              Prof. Katsuzo Nishi

It is certain that what has been said so far does not cover the whole story of the skin and that much of it remain to be told. Neverthless enough has, it seems, been depicted to prove how important is the skin to our wellbeing.
Now to conclude, I want to say in some details about the nude therapy and the succession bath.
First as to the former, it is important to note that this therapy is something different basically from “nuddism”. It does not call for return to primitive life as the latter system forcibly demands. There is no need for you to keep nude in every day life. Enough is to remain 11t1de in a room only for a little while according to the Standard schedule as given below. (1)

 

Time prescribed for

Order  Remaing nude       Being clothed in a
in a room with                room with windows
windouws open                shut

(1)  20seconds              1minute
(2)  30   〃                    1 〃
(3)  40  〃                   1 〃
(4)  50  〃                   1 〃
(5)  60  〃                   1 〃
(6)   70  〃                  1 〃
(7)   80  〃                  1 〃
(8)   90  〃                  2 〃
(9)  100   〃                  2 〃
(10) 110   〃                 2 〃
(11)  120   〃               finish
Rest for a while

* This figure has been determined, by taking into consideration the findings that the circulation time would become significantly shorter than the average normal during the practice of this therapy.

The general rules of the nude therapy may be summarized as follows.
( 1 ) Practise it twice a day, preferably before sunrise and after sunset. For the weak or the sick it is most  advisable to do it thrice a day-in the morning, at noon, and in the evening.
( 2 ) Keep every day practice for thirty days without interruption. And then after the interval of two-three day rest, resume the full course of the process. Three or four full courses are sufficent to cure even chronic diseases.

The nude therapy is highly effective in that it does promote metabolic equilibrium in the body, and that more particularly it helps oxidation in the tissue and facilitates the transformation of carbon monoxide into carbon dioxide, thus contributing to purification of the blood and other body fluids.

( 1 ) For the beginner, who is going to start this therapy, it is better to follow the properly adjusted course as given below until he has become fully accustomed to the nude therapy.
The first day                 From (1) to C(6) of the stand-
The second day                     (1) to C (7) ard schedule
The third day                        (1) to (8) above men-
The fourth day                      (1) to (9) tioned
The fifth day                        (1) to (10)
The sixth day and thereafter  (1) to (11)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

The Resume of the
Nishi Medicine(Ⅳ)

               The Skin (4 )
                                                    Prof. Katsuzo Nishi

Next turning to the succession bath, it is of importance to note that there are several rules of the practice which should be followed.
( 1 ) Take one minute cold bath and one minute hot one alternatively five, seven, Thirty-one or sixty-one  times in succession.
( 2 ) Begin with cold bath and finish with the same. As often is the case with the beginner, the first cold bath  may be intolerable. If so, you may begin with a hot bath for a while until you have become accustomed to the succession bath. However, in any case you have to see to it that the succession bath should be always finished with a cold bath.
(3) Set the temperature of a hot bath at 107 —109 F. (41.6—42. 7C), and that of a cold bath at 57—59 F. (13.8—15C) so as to allow the margin of about 50 F. (27.7 C ) difference between them.
( 4) For a person who is liable to arteriosclerosis the special formula as indicated below is recommendable.

Temperature (F)
Period (days)
Hot bath          Cold bath           3―5
104(40  C)       86(30C)           2―3
105(40.5 C)   77(25C)           2―3
106(41.1 C)     68(20C)
109(42.7 C)   57-59(13.8-15C)

It is of course certain that the succession bath does play an important role in promoting health of the skin ; it stimulates the glomus (arteriovenous anastomoses) and the capillaries in the skin so as to make  them work to the full  extent. The result is that the blood flow will be quickened and improved. Obvious1y this in turn contributes to promote the general health of the living organism. Because of this fact, the succession bath is of high effect for various diseases such as common cold, neuralgia, asthma, migraine, rheumatism, malaria, and venereal infection.
Finally a few word may be added about a special gadget, called “ASB” (automatic succession bath-helper). This is a mechanical device invented by the writer, which is now available to you. This “ASB” is very helpful in that it does considerably save you much time and labor otherwise required for finishing one ordinary course of the succession bath. For example, through the help of ”ASB” it is an easy matter for you to finish within thirty-one minutes a higher course of 16-cold, and 15-hot bathes. If accustomed to the process, you may finish without trouble even a special course of 31-cold -and 30-hot bathes. This last point is a very important thing which deserves to be stressed in mind. Evidence available indicates that this special course is the sure and certain way to rivival of youthful vigor even in the aged.

 

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

◆月刊「西医学」誌昭和三十年(1955年)
1月号~5月号に「栄養」について掲載された記事から再録(和訳版)

【月刊『西医学』昭和30年1月号より再録】

                  西医学約説(英文の和訳)(第3回)
西 勝造
栄 養 (一)
古諺(こげん)に“食は命なり”(しょくはめいなり)といわれている。確かにその通りであって、食(しょく)のないところには生命はない。然し乍ら、この食という語は広い意味を有(も)っている。これは、単に食品ばかりでなく、水や空気や日光をも意味する。斯様(かよう)な広い意義を言い現(あら)わすには、食という語よりも栄養という語の方が寧ろ適当している。
栄養が健康を支配することは明かである。過多の栄養は、欠乏と同じく健康を害する。良き健康にとって必須なのは、節度ある摂食である。ユダヤ教の法典に“胃の容積の三分の一喰べ、三分の一飲み、残りの三分の一は空にして置け”と言う訓(おしえ)のあることを想起して置きたい。
栄養の問題に於いて、質は量よりも、遙かに重要である。それならば、どんな栄養を摂ったならよいのだろうか、原理は極めて簡単である。栄養は自然で且つ新鮮なものであるように心掛けることである。それと言うのは斯様な栄養だけが、必須沃素の本源だからである。必須栄養を欠く食は、どんなに美味でも、全く問題にならない。
筆者は栄養のもっと具体的な話を食品から始めたい。
(A)食 品
何よりも先きに、筆者は「カロリー」に関し、根深い謬見(びゅうけん)が一般に流布していることが指摘する必要があると思う。専門家は、これこれの「カロリー」は生命を維持するには絶対的に必要であると力説している。
彼等の主張に反し、生命は所謂(いわゆる)「カロリー」だけに依存するものではない。純生野菜食をおこなうかぎり一日一千「カロリー」でも十分に健康を増進するに足るという証拠である。如何にして、そう云うことが可能なのだろうか。これは生野菜は、豊富な生きた「エネルギー」の給源だからである。然し乍ら、この「エネルギー」の大部分は、念入りの料理をすると失われてしもうであろう。
生きている「エネルギー」と所謂「カロリー」とは、似ても似つかぬ別物である。生命は、生きた「エネルギー」にのみ依存することを力説して置かねばならない。栄養学者が「カロリー」を生きた「エネルギー」と混同しているところに誤謬が存する。両者の間には、広い境界線がある。
(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

月刊『西医学』昭和30年2月号より再録

                  西医学約説(英文の和訳)
西 勝造
栄 養 (二)
(A)食 品(2)
食物は、二つの分類即ち酸性とアルカリ性(塩基性)とに別(わか)つことができる。前者は、獣肉、魚類、穀物を含み、後者は野菜果物を含む。この分類は甚だ重要である。何故かと云うと、健康は体液の微妙な、且つ、“動力学的”な酸塩基平衡に依存するからである。従って、われわれは適当な食物を選んで、その平衡を保持するだけの分別さがなくてはならぬのは明かである。
しかし、これはなかなか厄介な問題である。酸塩基平衡は、食物以外の幾多の因子の影響を受けて変動し、われわれが生きているかぎり、永久に固定するものではないからである。
この点を、もっと明確にするため、二、三の例をとってみよう。貴方が、何か仕事をしているときには、体内の酸化過程から生じてくるエネルギーを消費するであろう。これに伴って必然的に体液の酸性が増高(ぞうこう)してくるであろう。かような場合では、酸性を減じて酸塩基平衡を再び確立するためには、野菜食が必須であることは、明白である。
他方に於いて、貴方が静止状態にあるときには、エネルギーを全然消費しないと云うわけではないとしても、殆ど消費しないのである。これがため体液はアルカリ性を高めてくる傾向がある。従って、かような場合では、酸性食が甚しく奨励されるのである。
食養と沐浴との間にも、関係の存在することを述べておきたい。温浴と酸性食とは両立し、冷水浴はアルカリ性食と両立する。温冷浴は中性なので、生野菜食を要求する。
右に述べた通則に対し、顕著な例がある。一者(註①)を達成していて、完全に弛緩した無意識状態で四十分行(註②)を行える人は、通則を守る必要はない。活動している時でも野菜食は必要ではないのである。
※註①及び註②に就いては後に述べる。
(続く)

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

「西医学」誌昭和30年(1955年)1月~5月号に掲載された「栄養」についての英文記事から再録(英語版)

The Resume of the
Nishi Medicine (V)

                Nutrition (1)
                            Prof. Katsuzo Nishi

An adage says “Food is Life”. Certainly so it is, for there is no life where there is no food.
However, this word “Food” is comprehensive. This does imply not only edible food, but also water, air, and sunlight. To denote such a wider meaning the term “Nutrition” is appropriate rather than the word “Food”.
It is obvious that nutrition conditions health. Too much nutrition is no less detrimental to health than scarcity is. Essential to good health is “Feeding by measure”. Recall to mind the saying in Babylonian Talmud to the effect that “Eat a third, drink a third, leave a third empty”
So far as nutrition is concerned, the quality is by far the more important than the quantity.
And then, what kind of nutrition should we take ? The priciple involved is plain and simple. See to it that nutrition be natural and fresh, which alone has a primary source of essential elements. Any food devoid of essential elements does not count at all, however delicious it may taste.
The writer will begin the more concrete story of nutrition with edible food.
(A) Edible food
Before all other things, the writer find it important to point out that there is a deep-rooted misconcept about calorie which is prevalent widely .The experts lay stress on a claim that so much calories are absolutely requisite to sustain life.
Contrary to their claim, life does not depend on the so-called calorie alone. Evidence shows that so long as strictly raw vegetable diet is taken, even 1, 000 calories a day is enough to promote health. How is this possible? This is because raw vegetable is a source of abundant living-energy, of which the large portion, however, will be lost during the process of elaborate cooking.
Living-energy is one thing, and the so-called calorie is another. It should be stressed that life depends solely on living-energy. The fallacy lies in that the dietetic experts confuse calorie with living-energy. There is a broad border line between them.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

The Resume of the
Nishi Medicine (Ⅵ)

                  Nutrition (2)

                               Prof. Katsuzo Nisili

(A) Edible Food (2)
Edible food may be classified in two categories, that is, acid and Alkaline (base), The former includes such food as meat, fish and grain, while the latter includes vegetable and fruit. This classification is very significant, for health depends upon the delicate and “dynamic” acid-base equilibrium of the body fluid. It is thus obvious that we should be sensible enough to select proper food so as to keep this balance.
But this is indeed a delicate affair, because acid-base equilibrium is liable to fluctuate widely under the influence of various factors other than food, and never comes to stay while we live,
To make this point clearer, let us take a few examples. When you are active about something, you  will spend some energy which comes from oxidation process in the body. This inevitably will enhance acidity of the body fluid, It is quite evident that a vegetable diet is indispensable in such a case to reduce acidity so as to re-establish acid-base balance.
On the other hand, when you are in resting condition, you will spend little, if not at all, energy ; this will tend to enhance alkalinity of the body fluid. In this case acid diet is highly recommendable.
It is to be noted that there is also certain relation between a diet and a bath. A hot bath is compatible with acid diet, while a cold bath is consistent with alkaline diet. And a succession bath demands a raw vegetable diet, as this bath is neutral.
There is a striking exception to the above stated general rule ; any person who has accomplished a state of being the ONE, * and is able to do the Forty-Minute Act ** in completely relaxed and unconscious condition, need not observe this rule. A vegetable diet is not necessary for him even if he may in activity.
* & ** Refer to the description given later on.

✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱ ✱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook

G-RRXBNEVVBB